留学の窓口 > アメリカ留学の入学手続き > アメリカ・コミカレ語学コースへの入学申請方法

アメリカ・コミカレ語学コースへの入学申請方法


アメリカ留学に必要な入学申請を具体例を上げてご案内していきます。コミュニティ・カレッジの語学コースに申込む手順を取り上げてみます。

 

 

アメリカ留学

グリーン・リバー・カレッジのトップページ)

 

 

ワシントン州にあるGreen River College(グリーン・リバー・カレッジ)の語学コース(IEP)に、日本から申込むケースで申請手順をご案内していきます。

 

説明文が長くならないように、以下、グリーン・リバー・カレッジの名称を省略してグリーンリバーと記載しています。

 

語学コースは、大学の正規学部に比べたら簡単に申込みができますので、入学手続きの流れなどが分かりやすいと思います。

 

※Green River Collegeの簡単な紹介は、ページ下に記載してあります。

 

 

 

入学に必要な条件と書類

 

入学申込に必要な条件と書類等は下記のとおりです。

 

・入学申込書

・英文の銀行残高証明書

・入学申込料(50ドル)

・パスポートのコピー

・入学する時の年齢が16歳以上であること(入学する学部やコースによる)

・英文の高校績証明書

 

 

 

入学申請について

 

入学申込書(Application Form)は、Green River College International Programのページに用意されています。

 

入学申込書は、オンライン、Eメール、FAX、郵送のいずれかで送信します。

 

パソコンが使える環境であれば、オンラインで申込むのが一番早くて簡単だと思います。プルダウンや選択が分かりやすく、入力しやすい構成になっています。

 

 

グリーン・リバー・カレッジのオンライン申込ページの画像

コミカレ申込

 

 

 

Eメールで送付する際には、一旦、入学申込書をグリーンリバーのホームページからダウンロードして記入します。

 

記入した入学申込書をメールに添付して、グリーンリバーの留学生課のメールアドレスに送信します。

 

送信先のメールアドレスはグリーンリバーのホームページに記載されています(メルアドが変更になるケースがあるのでこちらでは記載していません)。メールにファイルを添付する方法は、Gmail のメールにファイルを添付して送信するを参照してください。

 

 

FAXと郵送でも、入学申込書をグリーンリバーのホームページからダウンロードして記入します。後は、FAXで送信するか、郵便で送ります。郵便については、書留にした方が安心でしょう。

 

郵送については、アメリカに届くのに1週間ほどかかると思いますので、締切日が近いときには気をつけてください。

 

 

★メールに関して、携帯電話会社から提供されているメールアドレスはスマホ同士でやり取りするには問題ありませんが、海外と正式なメールのやり取りに使うにはすごく不安があると思います。細かい設定の仕方が分かっている人は大丈夫かもしれませんが、海外からのメールが勝手に受信拒否されることがあるので、無料で使えるGmailメールなどを用意された方が安心だと思います。Gmailはスマートフォンでもパソコンでも使えます。

 

 

 

英文の銀行残高証明書について

 

アメリカではアルバイトをして学校に通うことはできないため、学費とアメリカで生活するのに困らない資金があることを証明する必要があります。

 

カレッジに通うふりをして違法就労するケースが後を絶たず、留学資金の準備に関しては規定が厳しいです。

 

グリーンリバーでは、1年間で21,000ドル相当の銀行残高証明が必要になるとしています。※金額は2017年時のもので、変更になる可能性がありますので申込時に改めて確認してください。

 

内訳は、9ヶ月(3学期分)の学費が10,350ドル、生活費が9,000ドル、カレッジの施設使用料が531ドル、教科書類が1,119ドルです。選択する科目や単位数によって料金は異なってきますが、一般にこれくらいは必要になるという金額です。

 

その時の為替レートによりますが、1ドル=100円であれば210万円、1ドル=120円であれば252万円程度の残高証明が必要となります。最低限これだけ必要という金額なので、300万円というように指定より多い残高でも構いません。

 

通うカレッジや大学によって、学費や生活費が変わってきますので、残高証明で必要な金額も異なってきます。それぞれ指定された金額を用意してください。

 

 

カレッジの担当者が見ても分かるように、英語で書かれた銀行残高証明が必要です。通常、残高は円で表示されますが、アメリカドル換算した残高も記載してもらった方がよいでしょう。大手の銀行であれば、詳しく言わなくても簡単に作ってくれると思います。

 

親や親類などの銀行残高証明を提出する際には、自分(申込者)との関係をメールや書面に記載して送ってください。一時的に、親の口座から自分名義の銀行口座にお金を移してもらって、それで銀行残高証明を出してもらう方法もあります。

 

英文の銀行残高証明はメール、FAX、郵送で送ります。グリーンリバーではメールやFAXでもOKなので、いわゆるコピーしたものを送ることになりますが、カレッジや大学によっては元本を郵送する必要があります。

 

 

 

入学申込料の支払い

 

グリーンリバーの入学申込料は50ドルです。

 

オンラインで申込んだ際には、Credit Card Payment Authorization form(クレジットカードの支払い許可書)という書類が留学生用の申込みページに用意されているので、それをダウンロードします。

 

Credit Card Payment Authorization formに、申込者の名前とクレジットカード情報と署名を記入して、入学申込料である「Application Fee  $50」の欄にチェックを入れてメール、FAX、郵送のいずれかで送付します。これによって、クレジットカードでの支払いを了承することになります。

 

入学申込料の支払いが完了してから、入学審査手続きが始まりますので、入学申込書と一緒に送るか、申込後すぐに送付しましょう。

 

宿泊先申込の欄で詳しく書きますが、Credit Card Payment Authorization formでは、ホームステイや学生寮の申込料も同時に支払えるようになっています。

 

 

申込用紙をダンロードしているときには、2ページ目に支払情報を記載する枠があります。入学申込料である「Application Fee  $50」の欄にチェックを入れて、クレジットカード情報と署名を記入してください。

 

自分のクレジットカードで支払うか、親のクレジットカードで支払ってもらうことも可能です。学生でまだクレジットカードを持っていないのであれば、この機会にプリペードカードを取得してもよいかもしれません。

 

 

銀行から支払う場合、アメリカの口座に振込むには海外送金となります。海外送金については、便利な海外送金サービスを利用しようを参照してください。

 

グリーンリバーのホームページに銀行口座情報が記載してありますのでそちらに送金してください。

 

国際送金で支払った後は、自分の名前、送金日、送金金額と内容(例:Application fee $50)、誕生日(本人確認)をグリーンリバーの留学生課にメールで連絡してください。

 

 

 

パスポートのコピーの送付

 

パスポートは、自分の顔写真や名前などが記載されているページをコピーして、メール、FAX、郵送のいずれかで送付します。入学申込に必要なものなので、入学申込書と一緒に送るか、申込後すぐに送付しましょう。

 

パスポートの入手には、混雑具合にもよりますが、申込んでから10日前後かかると思いますので早めに手配しておきましょう。

 

パスポートの申請については、外務省のパスポートに関するページを参考にしてください。

 

 

 

入学する時の年齢が16歳以上であること

 

グリーンリバーで受ける授業が始まる日の年齢が、16歳以上であれば入学申込ができます。

 

グリーンリバーには、ワシントン州の高校卒業資格(High School Diploma)を取得するコースがあり、こちらは16歳から入学が可能です。高校修了の後、カレッジの正規学部で学ぶことができます。

 

語学力が足りない場合は語学コースから始めますが、語学コース→高校修了→コミカレまたは大学編入コースというようにスムースに進めるプログラムが組まれています。

 

 

 

高校の英文成績証明書の提出

 

通っている高校、または、出身高校に依頼して、英語で書かれた成績証明書を発行してもらいます。

 

英文の高校成績証明書は、改ざんできないように封印された封筒入りになっているはずなので、”開封しない”でカレッジに郵送します。

 

留学関連の書類に慣れていない高校によっては、英文の卒業証明書と成績証明書を取り違えるケースがあります。念のため、自分用に1通余計に依頼して中身を確認した方がよいかもしれません。

 

高校を終了していないときは、それまで取った単位分の英文成績証明書を発行してもらってください。

 

 

 

宿泊先の申込について

 

グリーンリバーでは、宿泊先として学生寮とホームステイが用意されています。入学申込と同時に、宿泊先の予約をすることができます。

 

申込料は300ドルです。クレジットカードや国際送金(銀行振込)で支払いができます。

 

ホームステイか学生寮のどちらにするかは自由に選択できますが、数に限りがあるので、たとえば、第一希望をホームステイに選ぶと自動的に第二希望が学生寮となります。ただし、16歳で入学する学生は、17歳になるまでホームステイに滞在する決まりになっています。

 

友人宅に滞在するとか、自分でアパートを探す際には、カレッジ側の宿泊手配を希望しないことを選択できます。

 

オンラインで入学申込をする際、学生寮・ホームステイの申込料は、Credit Card Payment Authorization formを使って支払うことができます。

 

Credit Card Payment Authorization formに、申込者の名前・クレジットカード情報・署名を記入して、ホームステイを選択の際は「Homestay Placement Fee $300」、学生寮を選択の際には「Campus Corner Placement fee $300」の欄にチェックを入れてメール、FAX、郵送のいずれかで送付します。

 

Credit Card Payment Authorization formは、メール、FAX、郵便で送りますが、どれか一つの方法で1回だけ送ってください。何回も送ったり、違う方法(メールとFAXの両方)で送ってしまうと複数回クレジットカードにチャージされてしまう可能性があります。

 

 

申込用紙をダンロードしているときには、2ページ目に支払情報を記載する欄があります。ホームステイを選択の際は「Homestay Placement Fee $300」、学生寮を選択の際には「Campus Corner Placement fee $300」の欄にチェックを入れて、クレジットカード情報と署名を記入してください。

 

 

クレジットカードではなく銀行から支払う場合、グリーンリバーのホームページ(またはダウンロードした申込用紙)に銀行口座情報が記載してありますのでそちらに送金してください。入学申込料と宿泊先の申込料を一緒に支払うこともできます。

 

国際送金で支払った後は、自分の名前、送金日、送金金額と内容(例:Application fee $50 and homestay Placement Fee $300)、誕生日(本人確認)をグリーンリバーの留学生課にメールで連絡してください。

 

 

 

グリーリバーでは、宿泊先の申込料に空港での出迎えサービスが含まれています。入学が決まって、航空券の予約が完了したら、グリーンリバーの宿泊担当に、到着日時、フライトナンバーと航空会社をメールで伝えてください。到着の2週間前に連絡するようにしてください。

 

午後9時から朝7時までの出迎えは行っていないので、その時間帯に到着する際にはホテルなどに滞在しましょう。授業が始まるよりだいぶ前の日程で到着する予定のときは、ホームステイや学生寮が準備できていないことがあるので、自分でホテルなどを予約する必要があります。

 

ホームステイの申込料金には、空港出迎えサービス、カレッジのキャンパス案内、銀行口座開設と携帯電話申込のお手伝い、ホームステイからカレッジまでの交通案内などが含まれています。

 

 

 

ここまでが、グリーン・リバー・カレッジの語学コースへ申込み手順です。

 

入学申込み終了後、カレッジで審査が行われ、入学が認められるとI-20 Formが送られてきます。

 

I-20 Formが手元に届いたら、アメリカ大使館または領事館に学生ビザの申請をすることになります。学生ビザの申請については、アメリカ大使館で学生ビザの申請のページを参考にしてください。

 

こちらのページでは、アメリカ留学に必要な入学申請について、グリーン・リバー・カレッジへの申込を参考例として簡単にご案内させていただきました。実際の申込手順、費用、連絡方法等については変更になることがありますので、カレッジの申込みページにて最終確認をお願いいします。

 

 

 

Green  River Collegeの紹介

 

入学申込で参考例として出させてもらったGreen River Collegeは、ワシントン州オーバーンという都市にある2年制の州立カレッジです。アマゾン、マイクロソフト、ボーイング、スターバックなどで有名な都市シアトルの郊外に位置しています。自然が豊かでアウトドアのアクティビティも盛んです。

 

会計、ビジネス、マーケティング、コンピューターサイエンス、演劇、環境、IT、外国語(日本語、中国語、フランス語など)、看護助手、航空テクノロジー、資源、自然科学、社会科学など100位のコースがあります。

 

大学編入コースとして、4年制大学へ単位を移行できるコースが充実しています。専門学校のように資格や職場で役立つスキルを得るコースもあります。一部、IT系の学部では4年制のコースがあり学士を取得できます。

 

Green River Collegeの大学編入コースは、アメリカ各地の大学と提携しており、ワシントン州内の大学(ワシントン大学、ワシントン州立大学、ウエスタンワシントン大学等)に限らず、別の州の大学へも道が開かれています。

 

提携大学に沿ったカリキュラムで学ぶことで、編入がしやすい環境が整えられています。執筆現在、Green River Collegeと提携を結んでいる大学は下記のとおりです。

 

American University

Arizona State University

Baylor University

California State University Northridge

Central Washington University

Eastern Washington University 

Embry-Riddle Aeronautical University Arizona

Florida Institute of Technology

Illinois Institute of Technology

Indiana Univ. Purdue Univ. Indianapolis

Iowa State University

Johnson & Wales University

Miami Ohio University

Montana State University

Northern Arizona University

Oregon State University

Portland State University

San Francisco State University

Seattle Pacific University

Seattle University 

Temple University 

University College Roosevelt (University of Utrecht)

University of Arizona 

University of California, Irvine

University of Cincinnati

University of Iowa

University of Massachusetts, Dartmouth

University of Nevada, Las Vegas

University of North Texas

University of Oregon

University of Washington, Bothell

University of Washington, Tacoma

Washington State University

Western Washington University

 

Green River Collegeの正規学部(大学編入コース含む)に入るために必要な英語力は、TOEFL 61/173/500、または、IELTS 5.5 no band lower than 5.0です。