留学の窓口
留学の窓口 > カナダ留学の基礎 > カナダ留学の問題と今後の期待

カナダ留学の問題と今後の期待


たくさん魅力のあるカナダ留学ですが、留学生の受け入れにアメリカの大学ほど積極的ではない点が残念なところでしょうか。

 

 

カナダ

 

 

アメリカと比べると大学数がとても少ないので、留学生が入学を希望しても、受入れ枠は全体的にまだ少なく、厳しい入学制限をせざるをえない大学が結構あります。別に外国人が嫌いというわけではなく、仕方のない状態なのです。

 

コミュニティー・カレッジでも、専門性の強い学部は就職に直結してくることから地元学生が優先され、各コースで留学生受入れ制限をしたり、クラスの定員に余裕がないと入れていくれないこともあります。

 

カナダの大学やコミュニティ・カレッジは州立が非常に多く、税金でまかなわれている教育機関ですので、そこに留学生が増えることに積極的ではないこともあります。

 

自分たちの税金の多くがつぎ込まれている大学やコミュニティ・カレッジに優秀な留学生が押しかけ、地元の学生が入学できなくなるのではと不安に思っている地元の人たちがいるのも事実です。

 

日本では公立私立と大学がたくさんあって、外国人が増えたからといって日本人の学生が大学にいけなくなるようなことはないでしょう。でも、日本の国立や公立大学に外国人ばかりが通うような事態になったら、それに反対する人達がきっと増えるのではないでしょうか。

 

 

カナダ留学する留学生には優秀な学生が多く、成績だけで入学を決めてしまうと、留学生だらけになってしまう大学も少なくないようです。私の通っていたカレッジでも、各クラスの成績優秀者は留学生ばかりだったことがあります。

 

一時期、トロントの大学で学費が高い医学部に入学するカナダ人が減り、授業料を支払える裕福なアジア系留学生ばかりを受け入れるしかなかったことがあります。

 

留学生はいずれカナダを離れてしまいますし、医療技術はあっても英語が十分に通じない医者が増えるのでは?といったカナダ医療の将来に関して危惧される事態になったこともあります。

 

 

理由は様々ですが、留学生枠が小さいため、入学倍率が高くなり、大学入学ではカナダ人学生が難なく入学できる普通の大学でも、留学生にとってはアメリカの有名大学並の競争率になることもあります。

 

すごく努力して入学したのに、入学してしまえば普通の大学…というギャップがあってアメリカの大学に移っていく留学生もいます。

 

実はカナダ人にもアメリカ留学が人気で、特に優秀なカナダ人は、より良い教育環境と研究施設を求めて、アメリカの大学へ「留学」しています。

 

アメリカ内での留学生の割合では、州によってはアジア主要国についでカナダ人が上位を占めることがあります。

 

カナダ人の場合は、普通に英語が話せますので、アメリカに行っても不自由なことは少なく、そのままアメリカに就職する人もいます。優秀なカナダ人の場合は、アメリカの方が収入の良い仕事につけることも多いのです。

 

カナダの大学では、このような流れに歯止めをかけようと授業料を安くするなどしていますが、カナダ人にとってアメリカ留学はまだまだ人気のようです。

 

 

日本での就職を考えた場合、カナダの大学は、アメリカの大学ほど認知されていないため、その評価にも大きな差があると思います。

 

例えば、カナダでもトップ10に入る、ブリティッシュ・コロンビア大学、アルバータ大学といっても知っている人は少ないでしょう。

 

就職に関しては、どういった企業を選ぶのかにもよりますので一概にはいえませんが、留学する前にカナダに行くことがベストな選択になるか考える必要があるでしょう。

 

 

語学学校や語学コースに関しては、一般のカナダ人学生に不利になることはありませんので、入学にはほとんど支障がないでしょう。せっかくカナダでの語学留学に人気がありますので、それを終えて更に進学する留学生の受け皿が広がってくることを期待したいです。 

 

近年、カナダでは大学が増える傾向にあります(日本では減る傾向にあります)。新しい大学が建てられたり、コミュニティカレッジ(2年生のカレッジ)だったものが4年制大学へアップグレードされるなどしています。

 

大学が増えることは歓迎されることですが、わざわざ海外の新しい大学へ行く価値が見出せるかといった点で見極めが必要になってくると思います。

 

日本でも地方に新しい大学が出来ることがありますが、知名度はなく評価もほとんどないわけですので、自宅から通える地元民を除いて魅力が少ないことがあります。

 

それでも、新しい大学では多くの学生に来て欲しいとの思いから、留学生を優遇してくれることがありますので、別の意味で狙い目になるかもしれません。

 

 

カナダの経済学者や政府の調査で、留学生がカナダで使うお金の額は非常に大きく、カナダ経済への潤いは見過ごせないレベルにきているため、少しずつですが、行政レベルでも留学生受け入れは改善されてきています。

 

学部レベルではアルバイトが許可されるようになったり、カレッジや大学を卒業した後は、カナダで学んだ年数に応じて就労ビザが与えられて働けるようにもなりました。

 

アメリカには世界中から優秀な留学生が集まってきて、卒業後はアメリカの企業に勤めるなど優秀な人材を獲得している状況があります。

 

カナダ政府でもせっかく優秀な人材がカナダに来ているのに、卒業後に帰国させてしまうのはカナダにとって損失ではないかと考えるようになってきたようです。

 

どの国へ留学しても問題がありますが、カナダでは次々と制度が改善される傾向がありますので、将来的に有望な留学先といえるようになるかもしれません。

 

 



  


同ジャンル・関連ページ

カナダ留学の魅力