留学の窓口 > アメリカ留学の基礎 > アメリカ大使館で学生ビザの申請

アメリカ大使館で学生ビザの申請


アメリカでは9.11以降テロ対策の一環としてビザ取得が厳しくなり、それまでは書類の郵送だけで学生ビザが取得できましたが、大使館や領事館での面接が必要になりました。

 

アメリカ大使館での面接が始まった頃は情報が無く、何を聞かれるのか、何をされるのか分からない不安などから、アメリカ留学する学生には不安が絶えませんでした。

 

特に語学学校から始めようとしている学生にとっては、いきなり英語で面接されたって答えられるわけは無い!とばかり、アメリカを避けるようになってしまったかもしれません(※アメリカ大使館では、面接は個人の英語力を調べるものではないとしています)。

 

私はカナダにあるアメリカ領事館で面接を受けたことがありますが(大分昔になるので必ずしも参考にはなりませんが)、お役所仕事の事務的なものでした。

 

面接では指紋を取られたりしますが、警察の取調べのように個室に入れられるなど怖いものではありません(笑)。

 

 

 

以下、アメリカ学生ビザ取得方法の動画が公開されていますのでご紹介します。

 

面接のために日本人学生がアメリカ留学を避けるようになったためかは分かりませんが、フレンドリーな面接を印象付けるようなビザ手続きの動画です。

 

この動画シリーズでは、留学に迷う学生が留学を決心して手続きをするという一連の流れが描かれています。こちらではビザの申請部分だけピックアップしてご紹介します。

 

ビザ取得ストーリーの初めからご覧になりたい方は、のりこ留学物語(アメリカ大使館)をご参照ください。

 

 

 

オンラインビザ申請書DS-160の作成方法 

 

大使館や領事館で面接を受ける前に、まずはアメリカ大使館のウェブサイトからDS-160オンライン申請書のページへ進みます。入力事項が多いですが、日本語での案内が出ますので辞書片手に奮闘しなくても良いところが安心です。

 

 

※動画画面の右下辺りyoutube-cornerをクリックすると画面を大きくしてご覧になれます。

 

 

 

ビザ申請料金とSEVIS費用支払い・面接予約の方法

 

クレジットカードやネットバンキング等でビザ申請料金を支払い、面接場所と面接日を予約します。その後、SEVISの支払いを行います(クレジットカード決済)。ここでは、ビザ申請料金とSEVIS費用の2つの支払いが必要になります。

 

 

 

 

アメリカ非移民ビザ面接の手順

 

大使館に行って面接を受ける様子を見ることができます。大使館ということでセキュリティが厳重ですが、それ以外は特別怖がったりする必要が無いことが分かります。

 

 

 

 

☆学生さんでクレジットカードをお持ちで無い場合は、審査無しですぐ発行されるVISAカードの機能があるプリペートカードを検討されてみてはいかがでしょうか(プリペード・デビッド系のVisaカードは一部サイトで利用になれないことがあります)。

 

※ビザ申請方法は変更になる場合がありますので、アメリカ大使館でその都度確認してください。