留学の窓口 > 留学Q&A 学校・大学編 > もっと英会話を学びたい!

もっと英会話を学びたい!


中学と高校で英文法をいやというほど勉強させられてきた日本人学生は、会話が出来ないのに筆記テストを受けると成績は良く、語学コースの中級レベルあたりから始める人が多いです。

 

コミュニティカレッジや大学付属の語学コースでは、中級レベル以上は大学入学に備えたアカデミックな内容になるので、基本的な英会話コースはありません。そのため、会話の授業をもっとして欲しい!と要望する学生が出てくることがあります。

 

 

英会話

 

 

何よりも先に会話力をつけたい日本人学生は、せっかく語学コースで中級レベル以上に入ることができても、会話中心の低いレベルのクラスに変えて欲しい頼む学生さえいます。

 

これは、正規学部に早く行きたい他国の留学生には異様に見えて、低いレベルにいる留学生には不可解に映ることがあります。

 

この様な状況を見て、せっかく文法や読解力があるのだから、中級レベルでそれを磨いて会話力アップに活かす様に先生たちに説得される学生もいます。

 

 

 

1年以上の留学を考えているのなら、中・上級レベルで本をたくさん読み、単語を覚え、エッセイを書き、文法を知るような学習がおすすめです。

 

日常会話だけに止まらず、英語をより深く学ぶ機会であり、将来的に英語力を延ばすことができる下地作りというか知識を身に着けるチャンスでもあります。

 

結果がすぐ見えず辛抱のいる作業かもしれませんが、そのうちに会話しか勉強していない人達との差が歴然としてくると思います。

 

具体的には、子供のような単純な会話しかできない英語力ではなく、よりアカデミックで社会に出て通用する英語が話せるようになっているはずです。

 

 

 

日常会話は、現地にいるのだから、色々なところで話す機会はありますし、会話専門のチューターや家庭教師を雇う方法もあるでしょう。

 

アメリカ人やカナダ人学生は、英会話パートナーといった比較的楽なバイトをよく探しています。英会話パートナーについては、大学やカレッジ内で行っているものがおすすめです。

 

私がいたカレッジでは、週一回の英会話パートーナー・レッスンは無料でした。カレッジ内のカフェで、一対一のカジュアルな会話レッスンという感じでした。

 

英会話のレッスンをしてくれるのはカレッジの学生で、レッスン代(アルバイト代)はカレッジが負担してくれていました。

 

せっかく遠くまで来たのですから、現地にいることを最大限に利用して、日本の英会話学校では習えないことを学びたいものだと思います。

 

ただし、街中のカフェなどで行われる英会話パートーナーのレッスンは、それなりの用心が必要です。

 

学外で行われている活動には、どんな人が集まってくるのか分かりません。身元確認をしていると謳っている団体もありますが、身分証の提示程度ではその人がどんな人なのかは分かりません。こういった集まりを狙って集まってくる怪しい現地の男たちがいることも忘れてはいけません。

 

どうしても会話を中心に学びたいのであれば、現地の英会話スクールでパートタイムで学んだり、転校する方法も選択肢としてあります。

 

 

 

英会話を習いたい学生の要望を基に、語学コースを細分化している語学コースがあります。

 

今までは学生に苦手な分野があっても、総合得点でクラス分けをしていました(現在でもそういった採点とクラス分けをしているところは多いです)。

 

英会話力が劣っても、文法や読解等ができればその分で得点のカバーができて、総合的な得点で中級レベル以上のクラスに入れてもらえることがありました。

 

それをスピーキング、グラマー、ライティングなどに細分化して、スピーキングはレベル1、グラマーはレベル3、ライティングはレベル2というように分けて授業が受けられる学校があります。

 

これであれば、自分の不得意な分野はレベルが低いコースからじっくり始められることができます。

 

ただし、不得意な分野の成績が上がらないと、そのコースだけ先に進めないことになり、結果、コース終了や卒業に時間がかかってしまうことがあります。

 

 

 

TOEFLにしてもIELTSにしても、スピーキングは重要な分野になりますので、大学進学を考えたとき、英会話は当然大切です。

 

でも、余りこだわりすぎると、全体としての進学に遅れが出るといった弊害が生じるかもしれませんので、バランスよく学ぶことも検討してください。