留学の窓口 > 留学Q&A 学校・大学編 > 高校の成績が悪い、大学留学は無理?

高校の成績が悪い、大学留学は無理?

日本の高校の成績が悪い場合は、アメリカの希望する大学に直接入学することは難しくなりますが、そこで諦めなくてもまだ可能性があります。

大学受験

 

 

それは、コミュニティ・カレッジに入って良い成績を取り、編入学で希望の大学を目指す方法です。

 

 

 

コミュニティ・カレッジは、地元に根付いた短大や専門学校のような役割を果たす教育機関ですが、大学編入コースなどもあり、4年制大学に進めるように学ぶ場でもあります。

 

大学を目指す多くのアメリカ人・カナダ人にとって、コミュニティ・カレッジは大学に直接入学できないとき(高校の成績が悪い場合など)のやり直しの場でもあります。これは留学生にとっても同じです。 

 

一部有名なところを除いて、コミュニティ・カレッジでは、高校の成績が多少悪くても大概は受け入れてくれるので、コミュニティ・カレッジで頑張って成績を良くすれば、競争率の高い大学に入学するチャンスがでてくるでしょう。

 

ただし、どこの大学でも編入学できるわけではありません。コミュニティ・カレッジと定形のある大学が有利で、州をまたいで申し込む場合は不利になることがあります。詳しくは、編入学で希望の大学を目指す方法を参考にしてください。

 

 

 

アメリカの大学では、入学審査において高校やカレッジの成績の他に、エッセイや推薦状なども必要になることがあります。

 

今まで特に英語に接していない日本の高校生には、アメリカの大学(特に競争が激しい有名どころ)への入学申請は難しいでしょう。

 

コミュニティ・カレッジで学んで、成績を上げると共に英語力も上げれば、エッセイやインタビューがあっても乗り越えていける可能性があると思います。

 

日本の高校教師に、アメリカの大学で受け入れられる素晴らしい推薦状を書ける方は少ないと思います。日本の先生にお願いするより、コミュニティ・カレッジの教授にお願いする方が専門的な知識もあって期待度が高いです。

 

 

 

ここで勘違いして欲しくないのは、「自分は海外の大学に行くから、日本の高校の成績はどうでもよい」というわけではありません。

 

大学の入学審査には、コミュニティ・カレッジや高校など、今までに通った高校以降の成績が一通り考慮されます。

 

審査の基準は大学によって異なりますが、一般には最後に通った学校・大学の成績に重きをおいているところが多いようです。

 

コミュニティ・カレッジで挽回できるといっても、高校の成績は5段階で3.0以上が必須というような入学基準の最低ラインが設けられている場合は、それ以下の成績であれば申込むのは難しいです。

 

大学の入学審査は複雑で、どこでどのように落とされるか分かりません。他の学生と競い合いになって、コミュニティ・カレッジの成績が同程度であれば、高校の成績の良い学生が入学許可を受ける可能性が高いかもしれません。

 

まだ間に合うのであれば、できるだけ良い成績を維持しておきましょう。