留学の窓口 > 留学Q&A 学校・大学編 > 日本の大学に行くかアメリカの大学に行くか迷っている

日本の大学に行くかアメリカの大学に行くか迷っている

日本またはアメリカの大学のどちらかに行くかはとても難しい質問で、将来何をしたいのか、どういった会社に就職したいのかという点をよく考える必要があるでしょう。

 

 

分かれ道

 

 

正直なところ、留学する人の多くは迷わずに留学しているのではないでしょうか。それだけ求めるものがはっきりしている人が、留学するといってもいいかもしれません。

 

日本を出るというのは、すごいエネルギーや決断力がいるものだと思います。

 

海外へ行くことを迷っているのであれば、日本の大学への期待や安心感の方が大きいのかもしれません。

 

 

 

ここは留学のホームページですので、チャンスがあればアメリカで学んでみることをお勧めしたいです。

 

単純に考えると日本の大学の方が安心できるかもしれませんが、一旦、アメリカに行ってみると、グローバルな視点から日本に留まらない世界観ができて、全くものの見方が変わってくるかもしれません。

 

現在、アメリカの大卒の日本人で、活躍している人は様々な分野にたくさんいます。一昔と違って、留学していたことを自慢げに話す人が少なくなったように感じるほど、アメリカ留学が珍しくなくなったといってもいいかもしれません。

 

国内企業のトップをはじめ、ジャーナリストやテレビのキャスターさんなど有名人の方で留学経験者はたくさんいます。そういった業種に興味があれば、彼らの経歴を調べたり、著書を呼んだりして留学の参考にしてみてください。

 

日本の大学を選んでも、交換留学などでアメリカの大学に行くことが可能です(一般に各大学で人数制限があります)。こういった制度を利用すれば、期間や学べる程度は別として、日本とアメリカの両方で学ぶことが可能になります。

 

 

 

グローバルな世の中になってきており、今まで以上に貿易や日本企業の海外進出などを通して海外との交流が活発になっています。

 

職種によってはアメリカの大学で学んだことが、すごく生かされる場が多くなってきていると思います。

 

しかし、日本での就職を考えるとアメリカ留学は多少不利になる可能性があります。

 

海外留学をしている学生のための就活準備のページでもご案内していますが、アメリカと日本では距離がありますし、制度が異なり、卒業時期も異なります。

 

日本企業に就職する場合、企業側がアメリカに留学している学生にかなり便宜を図ってくれないと厳しいです。

 

それでも、以前に比べたら、多くの企業で留学組みが就職しやすい環境が作られ始めているのは確かです。

 

 

 

海外へ目を向けて、アメリカをはじめ欧米の会社に就職することを考えているのであれば、北米の大学に進むことは必然的な選択になるでしょう。

 

国際機関で働きたいといった場合にも、その本部がアメリカや英語圏にある場合が多いので、アメリカの大学で学ぶことは有利になると思います。

 

日本でも外国資本の会社が多数進出していますので、そういった会社への就職であれば、アメリカの大学を卒業していることが不利になることは少ないのではないでしょうか。

 

 

 

気をつけたいのは、日本とアメリカでは大学の入学制度は異なりますので、早めにどちらかに絞らないと無駄な時間をすごしてしまうと思います。

 

受験に失敗したので浪人するくらいなら海外へ行くという学生が結構いるのも事実でしょう。それはそれで良いと思いますが、しっかりした目標や早目の計画があった方が留学の成果が違ってくると思います。

 

日本の大学は入るのは難しいけれど、出るのは簡単といわれています。

 

アメリカの大学は入学するのは簡単で、卒業するのが非常に難しいといわれています。毎年卒業できずに日本に帰っていく学生も多いです。その辺りのリスクも考えておかないといけないでしょう。

 

 

 

就職や学ぶこと以外に、個人の性格や適応能力なども大きく関係してくると思います。

 

アメリカの大学へ行ったものの、ホームシックや英語が話せないといった自信喪失で、あっという間に帰国してしまう学生がいます。

 

1ヶ月程度で帰ってしまう学生がいれば、頑張ったものの1年経たずに帰国する学生もいます。

 

学力、将来の夢、性格、順応能力などを総合的に考慮すると、人によっては留学するより日本で学んだ方が能力が伸びたり、実力が発揮できるケースがあると思います。

 

必ずしも海外に出ればいいというものではありませんので、よく考えてどちらの道を進むか決めてください。