留学の窓口 > 留学Q&A 学校・大学編 > アメリカの大学編入をで気を付けること

アメリカの大学編入をで気を付けること


編入学で大学を目指すのコーナーでもご案内しましたが、まず調べておくことは、入学予定のコミュニティ・カレッジから自分の行きたい四年制大学へ編入学できるかどうかということです。

 

どのコミュニティ・カレッジを選んでも大学へいけるわけではありません。

 

 

基本は、同じ州内にあるコミュニティ・カレッジと大学に限られますが、その中でも単位交換ができる、大学編入ができる制度が整っているかを確認してください。

 

 

違う州の大学に全く編入できないというわけではありませんが、アメリカでは州ごとの独立性が高く、制度も一部異なるため、少し複雑になります。

 

違う州にある大学に編入する際に不利な点は、コミュニティ・カレッジで取得した単位が一部認められない場合があります。

 

また、州内にいる学生を優先して入学させるので、違う州から申し込む場合は、少ない枠の中での競い合いとなり競争率が高くなることがあります。

 

 

 

編入学の利点は、現地で生活してから自分に適した大学を選んだり、現地で十分な力をつけてから大学へ進学することができることでしょう。

 

しかし、自分の進みたい大学、又は専攻科目をしっかり決めておかないと余分な単位を取っていたり、編入学の際に単位が認められなくて、今まで取った単位の内いくつかを諦めなければならなくなります。

 

せっかく頑張って取った単位が認められないのは、時間的なロスをはじめ、それに費やした学費を考えるととても残念になります。

 

編入単位を認めてもらうために大学側と交渉することも可能ですが、その際には十分な説明が必要になります。それに備えて、授業のノート、エッセイなどの課題提出物、シラバス、教科書や参考書類の控えなどを取っておきましょう。

 

 

編入学は非常に便利な制度ですが、十分な準備と計画を持って行わないと時間とお金の無駄になってしまう可能性がありますので注意してください。