留学の窓口
留学の窓口 > 留学計画と資金繰り > 自分で留学プランを立てよう

自分で留学プランを立てよう


いつ出発したらいいのか、何をどの手順で準備すればいいのか?といように最初は留学計画で迷うことがあるでしょう。

 

 

留学プラン

 

 

いつから留学は始まるのでしょうか?

 

飛行機に乗った瞬間からでしょうか。それとも現地でクラスを取り始めてからでしょうか。

 

 

まず留学するには、準備期間があります。留学準備は、時間がかかり面倒な作業と思う人も多いと思います。

 

留学を直ぐにしたいという人は、特にこんな風に思うのではないでしょうか。

 

申込みをしても現地学校から直ぐに返事が来ないこともあり、不安になったり考え込んでしまったりすることもあります。

 

 

 

海外に行くから留学だと思っている人が多いと思います。

 

でも、留学を決めた日から、準備を含めて留学は始まっていると考えることもできます。

 

日本にいて留学を実現しようとする一つ一つの努力や失敗も、きっと後で役立ってくる「 留学の成果」なのだと思います。

 

もしかしたら、がんばって留学の準備をしたのに、予算、家族、健康の問題等で留学できなくなる人がいるかもしれません。

 

それでも、自分の目標に向かって、分からないことや不安に挑戦した人は、きっと楽に留学する人達よりも得るものが多いと思います。 

 

 

 

中には準備するのは面倒だといって、留学エージェントに相談する人がいるでしょう。

 

社会人で仕事が忙しいときには、留学エージェントを利用しなければ、留学が実現しないという人もいるかもしれません。そういった経緯での利用を否定するものではありません。

 

しかし、頼ってみた留学エージェントでは、自分の話を余り聞いてくれなくて、希望しない学校を勧められたり、少々無理なスケジュールで留学プランを組まれてしまうことがあるかもしれません。

 

留学エージェントは会社としてやっていますので、利益優先で受注を増やしたかったり、報酬の高い学校へ学生を誘導したい思惑などもあるでしょう。

 

そのような留学エージェントの都合に振り回されること無く、計画くらい自分で立てた方がよいのではないかと思います。

 

いつどこに留学するのか、予算はいくらにするのかといった計画くらいは自分で立てて、留学エージェントと交渉するくらい積極的であって欲しいと思います。

 

 

 

自分の計画に照らし合わせて、気に入ったプランが留学エージェントで提供されていれば、それを購入する形になってもそれは良いと思います。

 

計画通りに行かないときは、ある程度の妥協も必要かもしれませんが、まず自分で計画を立てる努力が大切なのではないかと思います。

 

 

 

自分で留学準備をせず、留学中も計画がなく、ふらふらと遊学してしまう人がたくさんいます。

 

留学には色々な障害があります。トラブルに陥ったときは、自分しか頼れなくなることも多いです。

 

そんなとき、自分で一所懸命立てた計画を見て、こんな所でつまずいている場合じゃない、頑張らなければと自分を奮起させることも出来るのではないでしょうか。

 

 

 

すべて他人任せで手続きをしてもらった人の中には、学校が良くなかったり学習環境が思うようなものでないとき、すべて留学エージェントのせいにして、自分自身の努力を怠る人も見受けられます。

 

計画は人任せで、自分の失敗の責任も人に押し付ける、そんな留学にならないように気をつけてください。

 

留学計画を立てること、それは、自分の将来に責任を持つことでもあると思います。