留学の窓口
留学の窓口 > 海外送金とクレジットカード > 海外送金に役立つリンク集

海外送金に役立つリンク集


留学をする上で、日本と海外でのお金のやり取りの方法をしっかり準備しておく必要があります。こちらでは、海外送金の方法と役立つサイトをご紹介します。

 

 

海外送金

 

 

銀行間の海外送金

 

基本的な海外送金といえば、銀行間の送金になります。これは、日本の銀行から海外の銀行に送金をする方法です。

 

銀行間の送金では、日本と現地それぞれで口座が必要になりますので、留学先に着いたら銀行口座を開設する必要があります。

 

 

 

海外送金はネットバンキングが便利

 

銀行窓口を利用した海外送金では、書類に色々と記入しなければなりませんし、手数料も結構かかります。

 

地方によっては、海外送金を扱える銀行の店舗が限られていて、わざわざ遠方の本店まで行ったり、支店経由では送金に時間がかかることもあります。

 

銀行窓口では手続きが面倒なので、ネットバンキングで送金手配をする方が増えていると思います。

 

 

銀行間の送金では、一般的に下記の3つの手数料がかかります(両替手数料別途)。

 

(1)送金手数料(依頼する銀行に支払う手数料)

(2)中継手数料(送金を中継する銀行に支払う手数料)

(3)受取手数料(受取る銀行に支払う手数料)

 

 

邦銀の窓口では送金手数料が4000円前後、そして、中継手数料が2500円前後かかります。

 

受取手数料は現地の銀行で差し引かれますが、アメリカの場合は10ドル前後になると思います。

 

ネットバンキングを利用した場合は、銀行窓口より手数料が安くなります。

 

 

 

銀行間だけではない海外送金のシステム

 

小額の金額を送る場合は、ウエスターン・ユニオンSBIレミットといった銀行口座への送金ではなく、提携先のサービスセンターや店舗等で直接受取る方法が手数料が安いことがあります。

 

日本の口座に入金して、海外のATMで現金を引き落とすことが出来る海外専用プリペードカードの利用では、海外に銀行口座を開設する必要はありませんし、海外送金のような数千円単位の手数料がかかりません。

 

短期留学の場合は、アメリカやカナダで銀行口座を開設してもそれほど使わないことが多いので、ウエスターンユニオン系の海外送金や海外専用プリペードカード、そして、クレジットカードの利用で対応可能かもしれません。

 

 

 

海外送金に役立つサービス

 

 

ゆうちょ銀行・国際送金:身近な郵便局(ゆうちょ銀行)から送金が出来るサービス。現地口座へ送金ができます。送金完了までに日数がかかる場合があるので急ぎの場合は注意。アメリカへの国際送金/カナダへの国際送金

 

 

docomo Money Transfer:ドコモの携帯電話やスマートフォンから海外送金ができるサービス。送金手数料が一律1,000円。事前登録するだけであとは自分の携帯やスマホから海外送金が出来る。

 

 

楽天銀行の海外送金 :送金手数料が750円~、中継銀行手数料が1000円と一般的な銀行手数料より格安に海外送金ができます。月曜日~土曜日まで24時間利用できます。

 

 

三菱東京UFJ銀行:ネットバンキングで外国送金が行えます。窓口よりネットバンキングの方が手数料が少し安くなります。※大手の銀行では大概どこでもネットバンキングで外国送金が可能ですので、代表してこちらの銀行をご案内。

 

 

ウエスターン・ユニオン:国際送金の世界最大手。セブン銀行、ファミリーマート、サークルK、サンクスから送金できるサービス。

 

 

コンビニ・ウエスタンユニオン国際送金サービス:銀行口座を開設する必要がなく、ファミリーマートを介して海外送金ができるサービス。公共料金をコンビニで支払うのと同じシステムで、事前登録した先に海外送金ができる。Western Unionのネットワークを使って送金するシステム。

 

 

セブン銀行の国際送金:セブン銀行口座の開設と海外送金サービス契約が必要。セブンイレブンのATMやセブン銀行のインターネットバンキングから海外送金ができる。Western Unionのネットワークを使って送金するシステム。

 

 

SBIレミット!国際送金サービス:マネーグラム社を通じた海外送金。日本円にして100万円未満の送金が可能。インターネットバンキング、ゆうちょ振替払込みカードを使った郵便局からの送金、ファミリーマート端末からの送金手続きが可能。アメリカ・カナダへの送金手数料は880円~。口座へ入金するためのコンビニ・銀行振込手数料が別途かかる。

 

 

PayForex:ペイフォレックスに送金額を入金することで、ネットバンキングのように送金が可能。外貨両替をすると5,000USD以上送金では手数料無料。

 

 

JTB Money T:専用口座へ振込みするだけで、海外にいる受取人に送金できるサービス。 引出人は専用カードを使って現地ATMで現金を引き出せる。手数料は振込金額の2%(上限2000円)。専用口座で扱えるのは30万円未満。振込手数料、現金をATMから引出す際に手数料200円と現地ATM手数料がかかることなど手数料がかかる。

 

 

新生銀行:新生銀行のキャッシュカードにはインターナショナルキャッシュサービス機能が付いているので海外のATMから現地通貨の引出しが可能。日本の口座に預金があればわざわざ送金する必要が無い。外貨(例:米ドル)で現金を引き出した場合、手数料は為替レートに含まれる。

 

 

楽天銀行 :楽天銀行デビットカードであれば国際キャッシュカードとして使えるので海外のATMから現地通貨の引出しが可能。日本の口座に預金があればわざわざ送金する必要が無い。外貨(例:米ドル)で現金を引き出した場合、手数料は為替レートに含まれる。

 

※新生銀行と楽天銀行の国際キャッシュサービスについては、海外で日本のキャッシュカードを使うをご参照ください。