留学の窓口 > 海外送金とクレジットカード > 海外留学で役立つ海外専用プリペードカード

海外留学で役立つ海外専用プリペードカード


海外留学や海外旅行では、クレジットカードがあると非常に便利です。でも、クレジットカードが持てない事情がある、クレジットカードは紛失などが心配で持ちたくないという方もいるでしょう。

 

そんなときにオススメしたいのが、海外専用プリペイドカード銀行系VISAデビットカードです。

 

 

海外旅行

 

 

クレジットカードとして使える

 

海外専用プリペードカードやデビッドカードには、VISAまたはMaterCardマークがついており、クレジットカードと同じように使うことができます(一部使用できない店舗やサービスがあります)。

 

アメリカやカナダでは早くからデビットカードの利用が盛んで、日常生活の中で普通に使われています。特別なカードというわけではなく、カフェ、書店、スーパーなど色々なところで気軽に使うことができます。

 

海外専用プリペードカードやデビッドカードは、口座にある金額分しか利用することが出来ないので使いすぎる心配がありません。

 

ネットバンキングができる環境を整えておけば、残高不足になったときに日本の指定口座に入金すればいいだけなので、複雑な手続きは必要ありません。

 

専用のサイトにアクセスすると利用履歴や残高の確認が簡単にできます。

 

 

 

キャッシュカードのように使える

 

海外専用プリペードカードやデビッドカードは、海外のVISAまたはMaterCard提携のATMから現地通貨の引き出しができます。

 

2014年に販売修了になったトラベラーズチェックの代わりとして、旅先で現地通貨を入手するために多くの方が利用しています。

 

しかも、多くの通貨で日本での外貨両替よりお得なレートと手数料で現地通貨を引き出せます。

 

アメリカやカナダでは大手銀行系のATMであれば大概使うことができるでしょう。ATMは、ショッピングモール、大手スーパーやコンビニの店舗内など色々な箇所に設置してあります。

 

海外では必要以上の現金を持ち歩くのは危険というのは多くの方が知っているでしょう。

 

でも、海外旅行となると常には持ち歩かない大金をお財布に入れている人がいます。もし、強盗にあったら、旅費として持っていたお金がゼロになってしまうかもしれません。

 

財布を出した時にお札が重なっているのが見えたりして、現金をたくさん持っていることを知られてしまうと犯罪のターゲットにされてしまう可能性があります。必要な分だけ、現地のATMから引き出すようにした方が安全です。

 

 

 

高校生でも取得可能です

 

高校生でも申込めますので、高校留学にも活用できるでしょう(提供先により13~16歳以上といった年齢制限が一部異なります)。

 

一般のクレジットカードは、予め決められた与信枠の金額内で使うことが出来て、今日カードを使って支払うと翌月以降にクレジットカード会社から請求がきます。

 

クレジットカードでは与信枠があり、お金を借りる形になるので、定職のない方や学生さんがクレジットカードを申込んでも審査落ちしてクレジットカードが持てないということがあります。

 

海外プリペードカードやデビッドカードの場合は、利用時に口座からすぐ引き落とされるため、口座に預けてあるお金以上は使うことが出来ません。

 

クレジットカードと違って与信枠でお金を借りて使うという方式ではありませんので、高校生でも申し込めるわけです。

 

与信審査が原則無いので、申込んで1週間程度でカードが送られてくる点も便利です。

 

 

 

 

留学生活の仕送りが簡単になる

 

日本の大学に通う子供さんに親御さんが仕送りで送金する場合は、200~300円の振込手数料で済みます。銀行によっては、同じ銀行の支店であったり、一定回数までは振込手数料がかからないこともあります。

 

海外留学している子供さんにお金を送る場合は、海外の銀行口座へ送金することになります。銀行の窓口から振込む場合、手続きが面倒な上に、手数料が5000~6000円ほどかかります。

 

手数料の安いネットバンキングでも、2000円前後~かかることは珍しくありません。しかも、中継銀行に加え、受取り側の銀行でも手数料を取ります。合計にすれば3000~4000円ほどかかるでしょう。

 

 

このように海外留学で月々の仕送りをする場合、銀行の海外送金では手数料が高くなって大変です。

 

そこで、日本の指定口座に振込んで、あとは海外プリペードカードやデビッドカードを使って海外のATMから引き出す(またはクレジットカード利用として支払う)という方法であれば、手数料が節約できますし、手続きもとても楽になります。

 

アメリカとカナダでは、カレッジや大学の授業料などもカードで支払うことが出来るので、海外プリペードカードやデビッドカードがあれば現金や小切手を用意する必要がありません(小規模の学校など一部除く)。

 

 

長期留学ではアメリカやカナダでの銀行口座が必要になってきますが、短期留学では口座開設しても使わないで、帰る前には口座を閉じるといった面倒な手続きが伴うことがあります。

 

アメリカやカナダの銀行では、口座によって指定の残高以下の場合は手数料を取られることがあります。たとえば、預金最低金額が300ドルだった場合、残高がそれを下回ると毎月5ドルの手数料を取られるといった制度があります。

 

短期留学では、わざわざ現地の銀行口座を開かなくても、海外専用プリペードカードやデビッドカードがあれば十分な方が多いでしょう。

 

 

 

おすすめのデビットカード/海外専用プリペイドカード

 

 

r01_rank1キャッシュパスポート osusume★★★★★ 

 

審査も年齢制限も不要の海外専用のプリペイドカードです。MasterCard加盟店でのショッピングをはじめ、世界各地にあるMasterCardが使える海外ATMから現地通貨の引き出しができます。

 

あらかじめ両替した通貨をチャージしておくシステムです。米ドル、カナダドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、日本円の7つの通貨が1枚のカードで利用可能です。為替レートが良いときに米ドルやカナダドル等に両替しておくことができます。

 

留学先や観光先にあった通貨を選んでチャージできます。カナダ留学する予定の際には、カナダにお金を持っていく方法もご参照ください。

 

専用ウェブサイトのマイアカウントで、カードの通貨ごとの残高照会や取引履歴の確認、カード内の通貨移動もできます。

 

発行手数料は無料です。海外専用です。指定口座に入金した分だけが利用できるプリペイド方式です。最初からスペアカード(2枚目)が提供されるので、紛失等があれば1枚を使用停止にする連絡をすればスペアカードを使うことができます。

 

ICチップによる高度な暗号化に対応。紛失・盗難については、緊急アシスタントサービスが24時間365日利用できます。主要国別のフリーダイアルがあります。トラブル時の簡易通訳や緊急メッセージサービス(家族への連絡等)など、サポートが充実しています。

 

詳細

 

 

 

r01_rank2マネパカード osusume★★★★★

 

15歳以上から申し込める海外&国内用のプリペイドカードです。MaterCard加盟店でのショッピングをはじめ、世界各地にあるマスターカードのマークが付いた海外ATMから現地通貨の引き出しができます(日本円はATM引き出しはできません)。

 

入会金、年会費、口座管理手数料が無料です。チャージ手数料がかからないなど、手数料が安いことで知られています。海外と国内で利用できます。指定口座に入金した分だけが利用できるプリペイド方式です。

 

あらかじめ両替した通貨をチャージしておくシステムになっています。一枚のカードに米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドル、日本円の6通貨をチャージすることができます。為替レートが良いときに米ドル等に両替しておくことができます。対応6通貨以外(例:カナダドル)は、カードに米ドルがチャージされていれば使うことが出来ますが手数料3%がかかります。

 

偽造防止のICカードになっていたり、24時間365日対応のサポートデスクがあります。また、カード会員専用サイトから利用履歴の確認、利用金額の上限設定、緊急時には利用停止ができるようにもなっています。

 

発行元は、FX(外為取引)会社としても知られおり、外貨専門会社がお得な外貨両替を提供しています。運営会社は東証一部上場企業グループです。

 

詳細

 

 

 

r01_rank3JTBのMoneyT Global osusume★★★★☆

 

JTBのMoneyT Globalは、海外専用プリペイドカードです。Visa加盟店でのショッピングに使えたり、世界各地にあるVisaやPLUSマークの付いた海外ATMから現地通貨の引き出しができます。入会金、年会費は無料です。

 

日本でJTBの専用口座に日本円を入金することで、海外ATMから現地通貨を引出せるシステムのため、銀行口座を開く必要がありません。原則、申込みの年齢制限はありません。未成年者の場合は、親が代理人登録することが可能です。

 

ICチップによる高度な暗号化に対応。カードを利用するたびに登録したEメールアドレスにご利用内容と残高を通知してくれます。ATM引出とショッピング利用時の手数料は5%です。

 

旅行会社大手のJTBが運営しているので、海外でのトラブルは24時間日本語対応のコールセンターや世界40都市にあるJTBトラベルデスクが利用できるというように充実しています。アメリカではニューヨーク/オーランド/シカゴ/ロサンゼルス/サンフランシスコ/ホノルルなど、カナダではバンクーバー/トロントにJTBトラベルデスクがあります。

 

詳細

 

 

 

r01_rank4NEO MONEY osusume★★★☆☆

 

13歳以上から申し込めるプリペイドカードです。海外専用と海外・国内どちらでも利用できる2タイプがあります。VISA加盟店でのショッピングをはじめ、世界各地にあるVISAやPLUSマークの付いた海外ATMから現地通貨の引き出しができます。

 

日本円で入金をしておけば、渡航国を気にすることなく世界各国で利用可能です。海外・国内で利用できるタイプは、海外で使わなかった残金を日本国内のVISA加盟店で使用できます。

 

入会金、年会費、カード発行手数料、口座管理手数料、チャージ手数料が無料です。指定口座に入金した分だけが利用できるプリペイド方式です。利用明細は会員専用のウェブサイトで確認できます。

 

クレジットカードでよく知られているセゾンカードを発行するクレディセゾンが運営しています。紛失・盗難の際には、世界中のどこからでもNEO MONEY インフォメーションセンターに電話連絡できます(24時間対応)。

 

中国の決済ネットワーク銀聯版もあります(銀聯加盟店で利用可)。中国へ渡航では、NEO MONEY銀聯が便利かもしれません。

 

詳細

 

 

 

トラベルキャッシュ osusume★★★☆☆

 

トラベルキャッシュは、15歳以上(中学生除く)なら持てる海外専用のVISAデビットカードです。VISA加盟店でのショッピングをはじめ、世界各地にあるVisaやPLUSマークの付いた海外ATMから現地通貨の引き出しができます。

 

スルガ銀行が提供するサービスです。カード発行と同時にスルガ銀行Dバンク支店の総合口座が開設されます。入会金、年会費は無料です。スルガ銀行のATMをはじめ、ゆうちょ銀行、セブン銀行、イーネット、タウンネットワークサービス、イオン銀行のATMでの入金手数料が無料です。

 

口座の残高範囲内で、海外ATMから現地通貨を引出せます。カード盗難など不正利用に対する補償、利用限度額や期間の設定、取引通知メールなどのセキュリティがあります。海外でのトラブルは、24時間対応の日本コールセンターが利用できます(国際電話有料)。近畿日本ツーリストとスルガ銀行が共同で開発した国際デビットカードです。

 

詳細

 

 

 

動画でのデビットカード使い方ご案内

 

キャッシュパスポートの動画ご案内です。海外専用プリペイドカードやVISA/MasterCardデビットカードについて分かりやすく解説しています。

 




キャッシュパスポートのサイトはこちら

 

 

 

便利なシステムだけど資金管理は自己責任

 

海外用プリペードカードやデビッドカードは非常に便利で、為替レートや手数料も割安、そして、簡単に取得できることもあって昨今人気が高いです。しかし、海外でキャッシュカードと同様に使えることから、資金の自己管理はとても大切です。

 

たとえば、長期留学するからといって、1年間に使う留学費用すべてをプリペードカード1枚に預けるのは危険です。盗難や紛失を考慮して、必要なときに必要な分だけ入金することをおすすめします。

 

万が一、カードの暗証番号が探り当てられた際には、お金が引き出された上、補償も受けられないことを考えると、便利なサービスであっても資金の管理はとても大切であることを忘れないでください。

 

留学では、学生寮やホームステイに滞在することがあるでしょう。自分以外の人が部屋に入ることも多くなり、カードが盗まれたり、手帳に書いてあった暗証番号が見られてしまう可能性もゼロではありません。

 

カード本体は盗まれていなくても、カード保持者の名前、カード番号、有効期限などの必要情報を控えられるだけでも、ネットショップなどで悪用されてしまうことがあります。

 

プリペードカードはクレジットカードと同様に使える機能がありますが、利用限度額を設定していない場合は、残高がすべて使われてしまう可能性があります。そのため、盗難や紛失を考えて必要分以上預けることは注意した方がよいですし、1日に使える限度額も低めに設定しておきましょう(予め10万円というように限度額が決まっていて個別に設定できない会社もあります)。

 

ネットバンキングを利用できるようにしておけば、海外からでも自分でプリペードカードの口座へ入金ができます。家族から入金してもらうときも、1ヶ月や2週間に1回というように、必要な分だけプリペードカードの口座に入金してもらってはいかがでしょう。

 

 

 

その他ご利用に関するご案内

 

・ホテルやレンタカーの利用時は、通常、クレジットカードでデポジット分(前払い&保証金のように扱われる)が確保されるため、海外プリペードカードやデビッドカードを使ってしまうと、一旦、デポジット分が引き落とされてしまうことがあります。

 

ホテルのチェックアウト後、またはレンタカー返却後に実際の利用額とデポジット分の差額分は返金されますが、口座にお金が戻るまでに日数がかかることがあります。また、利用できないこともありますので、デポジット目的として使う場合は、普通のクレジットカードのご利用をオススメします。

 

・海外では不測の事態に備えて、現金、海外専用プリペードカード、銀行系キャッシュカード/デビッドカード(海外使用可)、クレジットカードなど所持金は複数で使えるようにしておく方法をお勧めします。どれか一つだけしかないとそれを紛失したときに大変です。

 

・海外のATMを利用して残高チェック(残高照会)をするだけで、手数料(100~200円程度)が引き落とされます。現金を引き出さなくても手数料がかかりますので、利用状況はネットで確認した方がよいでしょう。

 

・海外プリペードカードやデビッドカードは、クレジットカードや銀行のキャッシュカードと同様にとても大切なカードになります。確実&安全に届けられるように、本人限定受取郵便本人確認サービスなどが利用されています。受取の際には身分証(パスポート、免許証、健康保険証など)を用意しておいてください。

 

・キャッシュパスポートは年会費無料ですが、12ケ月間の利用または入金がない場合、13ケ月目より毎月150円の手数料が発生します。残高がある場合のみ手数料が引かれますので、留学や旅行から帰ってきて1年以上使う予定がなければ、残金はすべて出金しておきましょう。

 

・VISAかマスターカードのどちらのカードを選択するかで迷うことがあるかもしれません。アメリカとカナダの場合、VISAまたはマスターカードはどちらも広く普及していますので(両方ともアメリカ企業)、いずれを選んでも大丈夫でしょう。

 

☆口座に入金をしておかないと使えないので、カードが発行されたら入金するのを忘れないようにしてください。口座開設後に入金をするとボーナスチャージがもらえるキャンペーンが行われていることがありますのでお見逃し無く。