留学の窓口
留学の窓口 > 留学Q&A 学校・大学編 > 語学コースに通わずTOEFLに集中したい

語学コースに通わずTOEFLに集中したい


語学コースに通っている学生にとっては、早くカレッジや大学の正規学部に行きたいという気持ちはみな同じであろうと思います。

 

TOEFLのスコアさえあれば大学へいけるという思いから、語学コースの授業をほったらかしにして、TOEFLの勉強のみに時間を費やす日本人学生がいます。

 

これは、個人の選択にもよりますが、学生ビザの問題もあり、あまり学校をサボってTOEFLなどの自習に費やすのは難しいことがあります。

 

学生ビザでアメリカにきているのに、学校に通わず違法就労しているといったケースが問題になっており、規定の出席率が厳しくなっています。こういった状況から、授業をサボるのはリスクが高いです。

 

また、一年に二学期間は連続して出席しなければならないといった規則がカレッジや大学によってはあります(語学コースを含む)。

 

 

 

昨今のTOEFLは、以前の文法中心のテストから実践的な英語へ移行してきています。

 

テストである限り、傾向と対策で試験問題を多くこなすなどすれば、高得点を取れるかもしれません。

 

しかし、TOEFLでは、大学内での会話をはじめ、北米の知識を必要とすることもあり、語学コースに通っていることは必ずしも時間の無駄ではありません(語学コースのレベルや質にもよりますが)。

 

例えば、TOEFLのリスニングでは大学内の会話を主体にしたものがあります。現地のカレッジなどに通っていれば、日常的に体験する会話がテストに出てくることは珍しくありません。

 

他にも、TOEFLの中には北米の歴史や時事のニュースなどを知っていれば、簡単に解ける問題がたくさんあるます。つまり、語学コースではこいうったトピックは日常的に取り上げられるものなので、TOEFLにも十分役に立つことがたくさんあるということなのです。

 

 

 

「TOEFLのスコアさえあれば大学へいける」という考えには少し誤解があって、日本の大学のように入学だけを考えているのなら、これは後から問題になってくると思います。

 

すべてではありませんが、多くの大学は入学後、英語のテストを実施しています。

 

このテストは、入学後すぐか、または大学で規定された期間以内(半年以内など)に受けなければなりません。

 

トピックを与えられて、エッセイを書かされることが多いようですが、これに合格しない場合は、次の学期に大学の授業を取らせてもらえないといったペナルティがあります。

 

大学の必須科目としての英語もあります。こちらも一定の成績を取らないと次に進めない(別の科目が取れない)ことになってしまいます。

 

 

 

留学生が英語の試験にパスできない場合は、その大学の語学コース、または、高校生レベルの英語クラスを取らされることがあります。それらのクラスを規定の成績で修了しないと、厳しいですが退学もあります。

 

せっかくTOEFLのスコアをあげて入学できたのに、結局、その大学にはいられなくてコミカレや別の大学へ転校したり、語学コース戻りでは残念でしょう。

 

これなら、少し遠回りだけど語学コースでしっかり学んだ方がよかったということになってしまいます。

 

 

 

ちなみに、大学付属の語学コースを終了したり、コミュニティ・カレッジで語学コース修了後、大学必修の英語(大学1年~2年生用の英語)を良い成績で終了していれば、この試験は免除されるケースが多いです。

 

多くの日本人学生は語学コースからスタートして、そのコースを修了してから大学やコミュニティ・カレッジの正規学部へ進むので、試験は免除されていることが多いと思います。そのため、こういった入学後の英語の試験があることを知らない学生も意外と多いようです。

 

 

TOEFLは大学入学に必要なものですが、総合的な英語力を身につけないと大学で学ぶには大変であることも認識をして、バランスの取れた学習を心がけたいものだと思います。