留学の窓口 > 英語学習について > 英語が話せるのが当たり前の時代に

英語が話せるのが当たり前の時代に


経済のグローバル化が進む中、国内でも仕事によっては、英語で話せることは当たり前のような時代に入ってきています。

 

昨今のニュースでも日本企業が社内語を英語に整え始めているところも増えてきています。

 

自分には英語は関係ないと思っていた人たちでも、仕事やプライベートでも英語が必要になっているケースが数多くあるでしょう。

  

   

 

英語への不安は日本人であれば当然のことです。必要であれば、今から必死に勉強しましょう。

 

昨今は、格安のオンライン英会話などが充実しているので英語が学びやすい環境になっています。

 

アメリカやカナダの語学コースでゼロから学んでも大丈夫ですが、安全を考慮して簡単な英会話くらいは学んでおいた方がよいでしょう。

 

年齢や学籍、英語暦などを気にせず、思い立ったらスタートしてみてください。

  

  

 

日本では長い間、中学・高校と英語が必須とされてきましたが、筆記試験向きの受験英語ばかりが推奨され、まったく英会話力が身につかないというお粗末な英語教育になっていました。

 

それではいけないということで、英会話にも時間が取られるようになってきました。

 

しかし、受験英語をずっと学んできた世代の人たちが英語の先生をやっている現状では、英語の先生自身がまともに英語を話せないのです。当然、生徒が流暢に話せるようになるわけがありません。

 

そこで、英語の先生のサポート役として、外国人(ネイティブスピーカー)が補助に当たる教育方法が盛んになりました。

 

一部では効果があったようですが、多くの学校では、簡単な英会話すらできない現状は変わっていないようです。

  

  

  

こういった状況の中で、もっと早い年齢から英語を学ばせる必要があるといって、小学校高学年から英語を必須にするようになりました。

 

近い将来、小学校に入学したら英語が必須になるかもしれないというくらい、日本人が英語を話せない現状への危機感は高いです。

 

日本では外務省の高い役職にある人でもまともに英語が話せない人が結構いて、海外へ行って大恥をかいている状況なので、国政として英語教育が非常に重要視されていることは明らかです。

  

   

  

留学して英語を学ぶ利点は、日本にいたら数年かかるような英語教育を1~2年に凝縮して受けられることです。

 

日本では何年も英会話教室に通っているけど、海外旅行で困らない程度でしか英語を使えない人たちが多いです。

 

日本にいたら、日本語の生活がメインですから、英語を一生懸命学んでいるといっても、一日に英語を使っている時間は限られます。

  

 

  

留学をすれば、それこそ24時間、英語漬けの生活になりますので、個人の努力次第にもよりますが、まったく話せない状態からでも1年もすれば生活に困らないくらいの英語力が身につきます。

 

実際、1~2年以内に大学へ行けるほどの英語力をつける日本人は珍しくなく、たくさんの学生が語学コースで学んだ後に、カレッジや大学に進み、卒業しています。

   

何年も日本で悶々と英語を学ぶより、行けるのであれば、本場で学んだ方がその成果は歴然としていると思います。

  

  

 

英語社会が本格化してくると、単に英語を話せるだけではなく、コミュニケーションとプレゼンテーション能力が求められるようになります。

 

日本では先生や教授が一人でしゃべっているのを聞くという、受身の学習が多いですが、英語圏では生徒側が発言する機会が多くなります。

 

アメリカやカナダでは、先生と生徒のコミュニケーションがとても豊富です。自分の意見を述べることがとても大切になってきます。

 

こういった側面からも、留学では単に英語を学ぶだけではなく、コミュニケーションの力も備わる機会が多くあります。

 

  

 

世の中のグローバル化が加速する中で、日本企業はアメリカやオーストラリアといった英語圏ばかりではなく、アジアへの進出が活発です。

 

そのアジアでも英語がビジネスの主要言語として使われているのですから、英語を学ぶということはものすごくチャンスが広がると考えてよいのではないでしょうか。

   

さらに、日本は観光立国も目指しており、海外からの旅行客を積極的に呼び込んでいます。

 

2020年には東京でオリンピックが開催されます。そのときは、世界中から日本に人が集まることになります。

 

オリンピック効果も含めて、海外からの観光客が増えれば、当然、英語が必要になってきます。

 

観光業界ばかりではなく、地方の行政現場、警察や警備機関、医療機関、一般のお店でも英語力が当然のように求められる時代に突入するかもしれません。