留学の窓口
留学の窓口 > 英語学習について > NHK英語講座 VS 一般の通信英語講座

NHK英語講座 VS 一般の通信英語講座


学校で学ぶ受験英語とは違って、実践的な英語や英会話を体系的に学ぶには、NHK英語講座と市販の英語通信講座が便利です。

 

 

英会話

 

 

NHKラジオ英語講座は、ラジオが聞ければ誰でも受講できますし、テキストが安いので、迷ったらこの講座が一番のおすすめです。テキストは数百円から1000円程度が多いと思います。

 

全国でもたくさんの人が受講しているので、仲間意識というか、周りでも頑張っている人がいると思うとやる気も増します。

 

 

テキストは低価格で取り掛かりやすいのですが、作りが簡単で見た目でモチベーションが下がることがあります。それでも、番組の補助的なテキストであることと、全体の金額を考えると十分ではないでしょうか。

 

ラジオとストリーミングで再放送がありますが、番組を聞き逃すと、継続意識が薄れるのは難点かもしれません。

 

また、一方通行で講師などに直接質問ができませんので、疑問が解消できなくてモヤモヤしながら学ぶことがある点は否めません。

 

一部、生徒同士の助け合い掲示板などがありますが、周りに誰か詳しい人がいないと疑問を持ったままになってしまうかもしれません。

 

 

 

NHKのテレビ語学講座は、NHK受信料を支払っていると考えても、テキストも含めて月2000円くらいではないでしょうか。英語講座だけでも複数あるので、幅広く学べてとてもお得です。

 

NHKがみれる環境であれば、ラジオと同様、テキスト代だけで受講できるので利用しやすいです。テレビ講座では、テキストがなくても学べることが多いです。

 

番組を楽しくするためと思いますが、バラエティ化しすぎている面があって、英語とは別のトークにばかりに気がいってしまい、今日は何の英語トピックだったんだろうと印象が薄いと感じることがあります。

 

バラエティ要素の少ない政治や時事ニュースを扱う英語講座がありますが、こちらは初級者には難しすぎてやる気をそがれてしまうかもしれません。

 

英会話教室に通ったり家庭教師を雇うのとは違って、自分のレベルや希望にぴったりあったものというわけにはいかないことがありますが、その辺りは安さと手軽さを考慮して学んでください。

 

 

 

テレビやラジオ講座は、思い立ったらいつでも視聴できますが、途中から講座に参加することになるケースが多いでしょう。

 

時々、「これはこの前やりましたね」と言って説明無く先に進まれてしまって、見逃した回の内容が何だったのか、わからないままになってしまうのはちょっと残念に思うことがあるかもしれません。

 

同じ番組が次のシーズンも繰り返されないことが多いですし、初めから同レベルの講座を受講したいという時には、1~3ヶ月待たないといけないことがありますので、いつ始めるのかタイミングが大切かもしれません。NHKでは、一部、有料でテレビ講座の再放送がみれることがあります。

 

 

 

市販されている英語教材はたくさんあり、最初はどれにするか迷ってしまうと思います。

 

NHK講座のテキストが一冊数百円というのと比べると値段は高くなりますが、一般の英語学習教材には写真やイラスト等が豊富で雑誌感覚で読みやすいものが多いです。

 

市販の英語教材は、テキスト一冊ごとに買うタイプからセットで買うタイプなどがあります。テキストだけでなくCDなどが付いてくることが多く、反復学習がしやすいです。スマホやPCを使って学習するものも増えています。

 

テキスト一冊ごとに買うタイプは、書店やアマゾンなどで探してみてください。

 

 

通信講座や語学に特化した学習教材は、まず、アルクのような専門サイトをご覧になってみてください。語学学習の教材が多数用意されていて、自分にあった教材が見つけやすいと思います。

 

毎月教材が送られてくる通信講座では、ペースを守って勉強していくと、翌月教材が来るのが楽しみになります。

 

ところが、毎日少しずつこなしていかないと、手をつけていない教材がどんどん溜まっていってしまいます。この辺りは、自分でしっかりペースを作って勉強していく必要があります。

 

 

英語教材の中には数万円するものがあり、なかなかの出費になります。ただし、こういった英語教材では、たくさんのテキストやCDに加えて、独自のシステム(特殊なプレイヤーやヘッドフォンなど)がセットになっていることもあります。

 

それぞれ独自のアイディアやメソードがあって、英語に慣れる、または英語が聞きやすくなる仕組みを開発していたりと色々面白い教材があります。

 

高額な英語教材は自分に合わないと結局使わなくなってしまいますので、2週間以内なら返品OKといった返品制度がしっかり明記してある教材をおすすめします。

 

 

 

英語の教材や通信講座の費用について、初めは余り高額な出費はしなくてもいいのではないかと思います。

 

色々な機材がセットになって数十万円!というのはちょっと行き過ぎかと思います。

 

留学する時間のない社会人の方にとっては、それくらい費用をかけても英語を学びたいという気持ちがあるかもしれませんが、高いお金を出したから短期で上達するものではないと思います。

 

まずは、一般の英会話教室や塾に通うくらいの予算範囲(数千円程度/月)が妥当ではないでしょうか。

 

 

NHK英語講座ではテキストが数百円~で、初めて英語教材を買う方におすすめだと思います。または、1冊完結になっている英会話の本でもよいでしょう。

 

右も左も分からないうちに、テレビCMやネット広告に煽られて、高額な商品に手を出さない方が無難です。

 

レベルに合った英語教材で継続して学ぶことのページでもご案内しましたが、まずは自分の英語レベルをしっかり把握して、継続して学べる英語教材を選んでください。

 

英会話については、一方通行で学ぶだけではなく(最初はそれも大切ですが)、会話相手がいて初めて成り立ちます。基本を学んだら、オンライン英会話コースなども平行して利用されるとよいでしょう。