留学の窓口 > アメリカ留学の基礎 > 広く扉が開かれているアメリカ留学

広く扉が開かれているアメリカ留学

アメリカの大学やカレッジでは、学びたいという願いを持つ人々に大きく門を開いています。そして、世界中から留学生がアメリカに集まってきています。

 

 

アメリカ留学

 

 

アメリカの大学には、入学時の英語力をそれほど厳しく問わないで入学を許可するところが結構あります。

 

高校など他の成績がまず考慮され、語学だけのハンディで学生の資質を判断しないという捉え方があるようです。学生が優秀であれば、英語はすぐに上達して大学の講義についていけるという考えがあるからです。

 

もちろん、語学力が足りない時は条件付きの入学となり、一定期間は語学コースでみっちり鍛え上げられることになります。少なくとも、その大学で勉強するチャンスを与えてくれるわけです。

 

後は学生のがんばり次第です。語学力が大学の規定するレベルに達しなかったり、授業についてこられなければ、他の大学やコミカレなどへ移つらなければなりません。

 

 

地方の大学では、とてもゆるい入学基準で入学できてしまうところがたくさんあります。

 

日本人学生の中には、入学に必要なテスト結果、例えばTOEFLなどの点数が低いと余り程度のよくない大学やカレッジと思う人もいます。

 

でも、地元の学生からすれば普通の大学で、TOEFLなどの入学基準だけで大学を著しく低く評価してしまうとせっかくのチャンスを無駄にしてしまうかもしれません。

 

地方では、留学生をたくさん呼び込みたいために入学基準を下げているところもあります。こういった大学は、良い面から見れば、多くの留学生にチャンスを与えてくれると捉えることができます。

 

 

 

編入学に際しては、日本の短大や大学で取った単位を認めてくれる大学が多くあります。厳しい大学では、せっかく日本で取った単位があまり認めてもらえないようなことがありますが、大学を選べば多くの単位を認めてもらえることがあります。

 

日本の短大を卒業している際には、アメリカの大学で2年間学ぶこと(語学コース除く)で4年制大学の卒業資格が得られることが珍しくありません。

 

 

アメリカには大学がたくさんあるので、色々な選択肢があります。ニューヨークへ行きたい、カリフォルニアに行きたいといったアメリカへのあこがれをはじめ、大学の特徴、地域の環境など選び方は自由です。

 

口の悪い人は、「アメリカの大学はピンからキリ」と言う人もいますが、大学のレベルは、確かに上から下まで様々です。でも、その中で自分にあった大学が探すことができれば、充実した大学生活を送ることができると思います。

 

自分は優秀ではないからアメリカ留学は無理と思う必要は全くないと思います。良くも悪くもピンキリ。学ぶ意思があれば、どこかで学べる可能性はあるのです。

 

世界中からアメリカ留学する学生がいる中で、あなたにもそのチャンスがきっとあるはずです。