留学の窓口 > 留学を考えるコラム > 英語を活かした仕事をしたいんです!

英語を活かした仕事をしたいんです!


日本で就職しようとする際、英語を活かした仕事がしたいんです!という考えは時代遅れになってきているでしょう。

 

会社の面接では、「留学しました。英語ができます。」とアピールをする留学経験者が未だに結構いるそうです。

 

確かに、一部の企業では社内の英語化を進めていることもあり、英語が話せることは有利に働くことがあります。

 

 

しかし、面接する側から言わせると・・・

 

・今の時代、だれでも留学できる。多少英語ができても、それだけで特別というわけではないので。。。

 

・アメリカ留学したなら英語が話せて当たり前じゃないの。逆に話せない方がおかしい。

 

・ちょっと留学してくると、皆、英語ができるって自信満々に言うけど、友達と英会話できるくらいでは実際の仕事では使えないんだよね。

 

・そんなに英語をいかしたかったら、うちの会社に来るより英会話の先生になったら?

 

 

会社にもよるでしょうが、これが現実かもしれません。

 

仕事をするにあたって、当然ですが、まずは仕事力が第一です。

 

与えられた仕事ができることが肝心で、社会常識、ビジネスマナー、交渉力、企画力などがあった上で、英語の必要性というが出てくるのだろうと思います。

 

 

 

こう考えてみると、英語を活かした仕事というより、海外生活や留学で得た英知を活かせる仕事と考えた方がいいのではないでしょうか。

 

アメリカでは様々なことが日本と異なります。アメリカの方がより進んでいることも多々あります。

 

新しいビジネススタイルやアイディアを始め、政策や社会問題への対処に及ぶまで、日本がいつも参考にしているのはアメリカです。

 

それら新しい情報を生活の中で感じ、その必要性と利便性、相違や共通点を考え、それに加えた独自の想像力をもってして、日本でも提案できることが社会へ出て留学経験を活かせる一つの方法かもしれません。

 

 

 

就活が苦手な日本人留学生の項目でもご案内しましたが、留学した学生は就職活動が下手だと言われます。

 

こういった状況を省みて、英語をアピールするより、英語以外で何を学んでくるかが大切になっていることを考慮して、留学プランを考えることが大切だと思います。