留学の窓口 > 海外送金とクレジットカード > 海外で日本のキャッシュカードを使う

海外で日本のキャッシュカードを使う


日本の銀行キャッシュカードが海外でそのまま使えたら便利だと思いませんか?

 

普通の銀行カードを海外に持っていっても使えないことがほとんどだと思いますが、一部の銀行キャッシュカードは海外でも使うことができます。

 

 

海外キャッシュサービス

 

 

海外対応の銀行キャッシュカードといえば、 新生銀行がよく知られていると思います。

 

新生銀行の国際キャッシュカードは、インターナショナルキャッシュサービスが予め付帯しているので、カード1枚で国内と海外のATMが利用できます。

 

 

大手銀行では海外対応のキャッシュカード発行を止めてしまったようなので選択肢は余りないですが、代わりにデビッドカードが普及し始めています。

 

楽天銀行ジャパンネット銀行といったネット銀行では、VISAデビット機能付カード(キャッシュカード一体型)を発行しています。また、大手銀行ではキャッシュカードとは別に、VISAデビット機能付カードを発行してもらうことができます。

 

VISAデビット機能付キャッシュカードは、正確にはキャッシュカードが海外で使えるわけではなく、付帯のVISAデビット機能(クレジットカードのように使える)で海外のATMから現金が引き出せたり、ショッピングの支払いに使うことができます。

 

VISAデビットで現金を引き出しても、結局は、銀行口座から即時に引き落とされるので、キャッシュカードを使ったときと同じようになります。 

 

 

 

CirrusやPLUSのマークが付いている?

 

銀行のキャッシュカードの裏面を見て、CirrusやPLUSのマークが付いている場合は、海外の提携ATMが利用できます。

 

海外のATMを使う際には、CirrusやPLUSのマークが提示してあるか確認してください。

 

こんな感じで使えるカードのブランドなどが提示されています↓

 

 atm-s

 

拡大すると「Cirrus」や「PLUS」が提示されているのが分かります。

国際カード対応

 

 

Cirrus (シーラス)マスターカードが中心となって運営する銀行のオンラインシステムなので、マスターカードのホームページでATMの設置場所を検索できます。

 

PLUS(プラス)はVISA PLUSとしても知られるように、VISAのホームページからATMの設置箇所が検索できます。

 

こういった国際ブランドに対応していないATMもありますので、その際には別のATMを探してください。

 

日本ではセブンイレブンや郵便局のATMがこういった海外対応キャッシュカードが使えるシステムになっています。海外から日本に旅行等で来る方は、これらのATMを使って現金を引き出すことができます。

 

 

 

 

国際キャッシュカード・デビッドカードの便利なところ

 

国際キャッシュカード(同様に使えるVISAデビッドも含め)の利点は、海外のATMから必要なときに現金を引き出すことができることです。

 

旅行だからといって、大金を持ち歩く必要が無く、必要なときに現金をおろせるので盗難の心配が減ります。

 

海外に銀行口座を開く必要が無く、ATMで引き出した現地通貨は換算されて日本の銀行口座から引き落とされます。

 

日本の口座にお金を預けておけば、海外で自由に引き出すことができます。

 

 

 

海外ATMの利用には限度額があります

 

一日に引き出せる金額が各銀行で決まっており、一般に10~20万円までといった限度額があります。

 

銀行が設定した限度額以下であれば、一日に引き出せる金額を3万円までというように自分で設定することができます。

 

盗難やATM前で強盗に脅されて現金を引き出すような事態を考えて、日々必要な限度額を設定しておくことをおすすめします。

 

海外のATMでは、それぞれのATM端末から1回に300ドル以上は引き出せないといった設定になっていることがあります(金額は海外ATMの設定による)。少し高額な買い物をしたいときには、現金ではなくクレジットカードなど別の支払い方法を用意しておいた方が安心です。

 

 

 

海外ATM利用には手数料がかかります

 

国内でATM利用手数料が一定回数無用であることがありますが、海外のATMで国際キャッシュカードやVISAデビット機能付きキャッシュカードを使うと1回200円ほどの手数料がかかります。

 

ATM使用手数料とは別に、日本のキャッシュカードの利用時には為替レートに3%前後が手数料として加算されるシステムになっています。

 

為替レートに手数料が加算されるのは、海外送金やクレジットカードを使ってもありますので、キャッシュカードやデビッドカードに限ったものではありません。会社によっては、手数料は明記せず、為替レートに手数料分を上乗せしていることがあります。

 

 

 

海外ではキャッシュカードだけに頼るのは心配

 

海外のATMに関しては、必ず使えると過信するのは禁物で、営業時間外・停電・故障等で使えないことがあります。

 

現地の空港でATMを利用しようと計画していたものの、旅行シーズンは混雑することがあり、乗換えで時間がない場合は注意が必要です。

 

現地に着いてからキャッシュカードやデビッドカードで現金を引き出す方法だけに頼るのは心配ですので、クレジットカードも用意したり、事前に現地通貨を少し用意しておくことをおすすめします。

 

現地に着いて、食事を取りたい、飲み物を買いたいといったときに現地のお金がないと不便ですので、ちょっとした買い物ができるくらいの金額は用意しておいた方が安心です。

 

 

 

海外ATM利用での防犯上の注意

 

アメリカやカナダでは、色々なところにATMがあって非常に便利です。しかし、便利なゆえに犯罪に遭いやすい実態もありますので、現金を引き出す際には十分注意してください。

 

たとえば、ビルの壁に埋め込まれたようなATMが歩道沿いにありますが、施設内にあるATMと違って通行人のふりをしてどこからでも攻撃されてしまう状態なので被害に遭いやすいです。

 

日本人は早く次の人にATMの順番を譲ろうとして、お金を財布に入れないでATMから離れる人がいます。そして、歩きながらお金を財布に入れようとした瞬間に、横から手が出てきて現金を盗み取られることがあります。

 

現金をおろしたらすぐに財布やバックに入れましょう。紙幣を揃えて綺麗に財布に入れるとか気にしている場合ではなく、とりあえず一旦バックなどに入れて、安全なところで好きなように詰め直した方がよろしいと思います。

 

人通りの少ないところや小さいお店に設置してあるATMでは強盗に襲われやすいです。また、夜間のATM利用は、コンビニ内も含めて危険ですので、できる限り避けた方がよいでしょう。

 

カード情報を盗み取る細工のされたATMや故障しがちなATM(カードがATMから出てこない等)もあります。現地の人が素通りしていくATMをはじめ、余り使われていないようなATMは避けた方が無難です。

 

 

安全を第一に考えて、また、操作ミスや故障なども考慮して、営業時間に銀行内にあるATMを利用するのがおすすめです。何かあったときには銀行のスタッフに手助けをしてもらえます。

 

アメリカやカナダでは、ショッピングモールなど人が集まる施設内にも銀行が結構ありますので、そういったところにあるATMを利用されてもいいでしょう。 

 

誰も使っていないATMは警戒しましょう。地元の人が使わないのにはそれなりの理由があります。ATMがあったからといって飛びつかないで、誰か使わないか少し様子を見てください。

 

多少待ち時間があっても、人が並んでいて混雑しているくらいのATMの方が安心です。

 

 

 

おすすめの海外対応キャッシュカード

 

r01_rank1新生銀行 osusume★★★★★

 

新生銀行の「インターナショナルキャッシュカード」は、世界200以上の国と地域にあるVISAまたはPLUSマークの表示されているATMで現地通貨を引き出すことが可能です。

 

国内で普段使っているキャッシュカードが海外でも使えるので非常に便利です。海外を網羅するVISA PLUS対応のATMで利用できます。国内利用ではATM手数料が無料になる利点があります。

 

国内と海外で使えるキャッシュカードが1枚になっているので、海外に行くときでも、いつものキャッシュカードを持っていけばOKという気軽さがあります。キャッシュカードは32色から選べて、自分好みが選択できて楽しいです。

 

安全を考慮してATMから1日に引き出せる金額を設定できます。最初は0円に設定されていますので、海外に行く前に金額を設定しておきます。帰国した際には、また0円に戻しておけば、万が一、海外でスキミング等でカードが偽造されたときの防御になります。

 

紛失・盗難については、24時間365日の電話受付があります。アメリカ・カナダは専用ダイヤルが用意されています。

 

国内の利用では、ゆうちょ銀行、イオン銀行、都市銀行、セブンイレブン、ローソン、ファミマなど提携先のATMが無料で利用できます。VISAデビッドカードではないので、ショッピングでクレジットカードのように利用することはできません。

 

r01_shousai_blue

 

 

r01_rank2楽天銀行デビットカード osusume★★★★☆

 

楽天銀行のデビッドカードは、16歳以上なら誰でも持てるカードです。VISAとJCBの二種類から選べます。国内&海外で利用できます。

 

楽天銀行で口座が必要ですが、口座開設と同時にデビットカードの申込ができます。楽天銀行のキャッシュカードとしても利用できます。

 

VISAデビッドカードは、VISA加盟店でのショッピングをはじめ、世界各地にあるVISAやPLUSマークの付いた海外ATMから現地通貨の引き出しができます。

 

JCBデビットカードは、JCB加盟店でのショッピング、そして、JCBやCirrusマークの付いたATMから現地通貨の引落としが可能です。

 

年会費は、JCBデビッドカードが0円(永年無料)、VISAデビッドカードは1,029円、ゴールドは3,086円です(税込)。ご利用額に応じて楽天スーパーポイントが付きます。

 

紛失・盗難については、24時間・年中無休で受付、または、ネットから自分の口座にログインしても手続きが可能です。ゴールドカードでは世界中のどこからでも日本語オペレーターが受付けるVisaグローバル・カスタマー・アシスタンスが利用できます。VISA/JCB認証サービス、1日の利用限度額設定、取引通知メールなどのセキュリティーも豊富です。

 

※20歳未満の方が楽天銀行の口座を開設するには保護者の承認が必要となります。

 

r01_shousai_blue

 

 

 

暗証番号は簡単に推測できない番号にしましょう

 

銀行のキャッシュカード、プリペードカードクレジットカードなどATMからお金が引き出せるカードには、パスワードを設定します。

 

一般には4桁の数字になるため、忘れないように誕生日といったような番号を選びたくなるかもしれません。12月24日生まれなら、1224が暗証番号で覚えやすくていい・・・なんてことになります。

 

自分の誕生日ではなく、友達やボーイフレンドなどの誕生日や電話番号の下4桁などを選んでも、手帳やスマホなどから調べれば出てくるような番号は簡単に見つかってしまう可能性があります。

 

こういった身の回りから割り出せる暗証番号は、カードが盗難されたときにお金を引き出されてしまう原因の一つになっています。

 

カードが盗難されてお金が引き出されるということは、厳重に管理されるべき暗証番号も割り出されていることから、カード持ち主の落ち度が大きいとして、その損失を補償してもらうことはとても難しいです。

 

暗証番号は安易に選ばなで、想像されにくいランダムな番号を慎重に選んでください。また、手帳等に暗証番号を控えておくことは避けた方がよいですし、どうしても忘れてしまいそうなら簡単に読み取られない方法で記してください。

 

万が一、紛失や盗難があったときには、すぐに銀行やカード会社に連絡して、カードの使用停止を依頼してください。他の犯罪等が絡んでいるときには、警察にまず行くというのは間違った選択ではありませんが、警察とのやり取りで時間を取られているうちにお金が引き出されてしまうと手遅れになる可能性があります。

 

 

 

国際キャッシュカードの代表的なメリット:

 

・海外のATMで現金が引き出せる

・両替所や銀行窓口に並ばなくてもよい

・大金を持ち歩かなくてもよい

・海外の銀行口座を開かなくてもよい(短期滞在の場合)

・日本の口座に預けるだけでよい(海外送金の必要が無い)

 

 

国際キャッシュカードの注意点:

 

・どのATMでも使えるわけではない

・一日に引き出せる限度額がある

・営業時間によってATMが使えないことがある

・クレジットカードのような保証がない場合がある

・海外のサポートが余り充実していない場合がある

 

 

国際キャッシュカードの参考サイト

 

海外のATM活用ガイド:海外ATMの利用方法の説明。VISA系の海外ATMがどこにあるか検索できる。

 

海外プリペードカード:キャッシュカードとクレジットカード機能を持つ海外専用プリペードカードの解説