留学の窓口 > 留学Q&A ホームステイ編 > ホームステイでの起床や食事時間等に合わせられない

ホームステイでの起床や食事時間等に合わせられない


夜型の多いといわれる日本人学生にとって、アメリカ・カナダ家庭での生活は、初めは馴染みにくいかもしれません。

 

各ホームステイ先によって生活習慣は異なるので、その生活スタイルに合わせるのはなかなか大変なことがあります。

 

 

 

カナダにホームステイしたとき、寒いお国柄ということがあったかもしれませんが、ホストファミリーは早く寝てしまっていました。

 

他のホームステイ先でも同様のようで、日本人留学生の間では夜遅くまで起きて勉強しにくいとか、電話が出来ないなど問題がありました。

  

就寝や起床は、自分のペースに多少合わせないとやっていけないかもしれませんが、ホストファミリーが就寝しているときはできる限り静かに過ごすくらいの努力は必要でしょう。

 

ホームステイを利用するからには、家族の生活パターンといったものをできる限り尊重するよう心がけたいものです。

 

 

 

スケジュールの中で、特に夕食の時間は守りたいものだと思います。

 

私は、時々友達のホームステイ先でご馳走になるときもありましたが、夕食2時間前にホストファミリーに連絡ができない場合は、いくら誘われても帰ることにしていました。

 

食事の準備をしてもらっているのですから、一応、家族の一員として、みんなと夕食を取るというのは大切だと思います。

 

お金を支払っているのはこっちだからといって、自分の都合でホストファミリーに迷惑をかけるべきではないでしょう。

 

こういった点はホストファミリーに馴染めるか(信頼されるか)、そうでないかの大切なポイントにもなると思います。

 

 

 

宿題やテストがあるときには、今日は遅くまで起きて勉強するからというように夕食時などに伝えておく方が良いと思います。

 

家庭によっては、あまり遅くまで起きていると寝れないの?と心配をかけてしまうこともあります。

 

 

 

私の仲の良かったホストファーザーは、仕事がら夜中の1~2時に帰ってくることが多く、深夜に長々と話をしたものです。

 

ホストマザーもすごく親切な人で、朝遅刻しそうになると起こしてくれたのですが、ホストファーザーと夜更かしした後は朝起きるのがつらく、自分の部屋のドアに「今日は遅れて学校に行きます」といった紙をドアに貼ったりしたこともありました。

 

この紙を貼らないとホストマザーは、必ず起こしに来ますし、もし起きない時など仕事に行った後でも電話をかけてくれたりと心配をするので、忘れず貼っておいたものです (^_^;)