留学の窓口 > 英語学習について > 大企業の社長さんの英語から学ぶこと

大企業の社長さんの英語から学ぶこと


国際戦略を考える上で、社内公用語を英語にするという日本企業が増えてきています。しかし、無理に覚えた英語には不自然さが多く、相手に意思を伝えにくくなってしまうことがあるかもしれません。

 

 

楽天の三木谷社長は、自ら先頭に立って社内の英語化を進めています。

 

国際戦略を考える上で、社内公用語を英語にするという考えに賛否両論の意見があります。

 

留学経験者としては、自分たちに有利になるこういった傾向を歓迎したいと思う反面、すでに入社している人たちが無理に英語を学ぶことにエネルギーを費やすより、持っている今の技術や能力を活かした方が会社のためになるような気がしますが、それは短期的な目線かもしれません。

 

 

楽天社内の英語化だけでなく、日本企業への英語公用化にも大きな影響を及ぼしている楽天社長の英語力はどうなの?と思うかもしれません。

 

ネイティブや帰国子女レベルと比べるのはいやらしい(厳しい)かもしれませんが、さすがにそこまでナチュラルな英語ではありません。でも、日本人経営者として高い英語力だと思います。

 

 

 

同じように海外へ進出しているソフトバンクの社長、孫さんの英語はどうかというと、個人的はとても好感の持ている英語です。

 

動画で見たものは壇上のスピーチということがあるかもしれませんが、ゆっくり&はっきりと話しており、聴衆者に伝わりやすい英語だと思いました。

 

 

無理に流暢な英語で話すふりをすると、ぼそぼそとした話し方になって一言一言が聞き取り難くて、いわゆる、ごまかした英語になってしまうことがあります。

 

孫さんの英語は、自然体の英語なので言葉に引き込まれる方も多いでしょう。カタカナ英語ぽいのが混じりますが、その辺は第二言語として話している企業家として、許容範囲としてみてもらえると思います。

 

大切なのは、相手に理解しやすい英語を話すことでで、言葉の一つ一つが相手にどれほど浸透するかということだと思います。流暢なふりをしても、相手の心をつかめないのでは意味がありません。

 

ちなみに、ソフトバンクは社内で英語公用語化はしていないそうです。でも、語学力を伸ばしている社員には給与アップなど一定の評価があるそうです。

 

 

 英語のレベルは色々ありますが、日本人に多いのが無理に話す英語です。

 

ネイティブからすると、そこまで無理して英語使わなくても・・・という感じです。要は、必死すぎたり、頑張りすぎてしまうんですね。

 

語学はスキルの一つといわれるようになりましたが、タイピングのスキルで例えると、ブラインドタッチで軽く打ち込んでいる人と、肩肘張ってバンバン打ち込んでいる人(本人は必死な自分に気がついていない)、こんな違いでしょうか。

 

使い慣れない単語やフレーズを使わない、無理に早く話さない、私は英語が話せるんだすごいでしょといった見栄やエゴはいらないかなと思ったりもします。

 

 

さらに言えば、英会話で学んだときに使った音声をそのまま真似ている、いわゆるモノマネの人が多いです。

 

テレビで、歌手のモノマネ選手権なんてのがありますが、そういった文化が定着しすぎているのか、あるいは、日本人のまじめさが出てしまっている結果かもしれません。

 

海外で、英語を使って仕事をしている日本の方と出会うことがありますが、多くの方が英語を話し始めると別人になります。声の質、雰囲気、話し方が全く違って、その方の個性が失われた、いわゆる感情のないモノマネ英語になります。

 

日本で流行っている単に聞いて覚える英語教材の影響でしょうか?本来なら十人十色の英語であるはずが、みんな同じように話しているように感じることがあります。

 

英語力云々の前に、ナチュラル感が全くないんです。どこかに翻訳機器を隠し持っていて、それが急に起動したの?と思うくらいです。

 

もちろん、英語学習では、ネイティブのモノマネから始まります。発音や会話のフレーズを真似してコピーしていきますが、その先は自分のモノにしていく必要があります。

 

英語レベルは勉強量や留学経験等によって人それぞれですが、自然体が相手に一番心地よく聞こえる英語かもしれないと思います。