留学の窓口 > 留学エージェント > 留学エージェントの現地サポートは必要ですか?

留学エージェントの現地サポートは必要ですか?

留学をする前は色々心配になるので、留学エージェントの現地サポートをお願いしようと思うときがあるかもしれません。

 

 

留学サポート

 

 

海外留学では、どんなときにサポートが必要だと思いますか?

 

大きなものでは、犯罪、事故、病気が上げられるでしょう。それ以外は、学校やホームステイでのトラブルとか、友人関係などがあります。

 

留学エージェントの現地サポートとは、留学している学生の相談に応じたり、学校やホームステイで問題が生じた際に仲介役をしたりといった、いわゆる語学力に不安のある学生をヘルプしてくれるサービスです。留学エージェントによって、サービスの内容や金額は異なります。

 

現地サポート単体では契約できないことがほとんどで、学校申込み・授業料の支払い等がセットになった留学パッケージプランを契約する必要になります。

 

留学エージェントの現地サポートが必要か迷ったときは、まずはこちらのページを読んでください。

 

 

 

犯罪に巻き込まれたときの心配

 

海外留学で一番心配なことは、犯罪に巻き込まれることです。

 

もし、犯罪に巻き込まれたときは、警察に通報します。夜中に留学エージェントに電話して、営業時間外だからと留守電にメッセージを残しても仕方ないです。

 

とりあえず初動では、周りにいる誰かに助けてもらうことになるでしょう。

 

警察では、本人からしか事情を聞くことが出来ません。友達や留学エージェントの担当者を連れて行っても通常は相手にされません。

 

なぜかというと、真実を聞くためには本人からしか話は聞けないからです。通訳が必要であれば、通常、警察が認めた人しか受付けません。

 

友達が通訳をした場合、万が一、その友達が犯行に関わっていれば嘘の通訳をする可能性があります。そういったリスクがあるのです。

 

言葉の不安がある場合は、「弁護士と通訳を呼んでください」といったように警察に依頼します。

 

大きな事件や事故に巻き込まれた際には、大使館や領事館にも相談してください。現地警察、弁護士、通訳に関する情報を提供してくれます。

 

盗難などの被害にあったときには、海外留学保険に加入していればそちらで保障してくれます。

 

 

 

事故や病気になったときの心配

 

事故や病気に関しては、救急車を呼んだり、病院にいくことになります。緊急事態なのに、留学エージェントにいちいち連絡している余裕があるでしょうか。

 

病院にいってからは、保険が必要になります。そのときに役立つのが、海外留学保険です。

 

保険に入っていなければ留学エージェントは何も出来ません。高い現地サポート代金を払っているからといって、治療費や入院費用を肩代わりしてくれることもありません。

 

海外留学保険に入っていれば、日本人医師の紹介、通訳の手配、専門病院や救急搬送の手配など24時間体制で対応してくれます。入院する場合は、日本から家族が現地に行く費用を負担してくれる保険もあります。

 

海外留学保険は現地にもスタッフがいて、緊急時に応じてくれます。彼らは海外保険に関わるプロですから、素人集団の留学エージェントとは全く違います。

 

 

 

学校や友人とのトラブルに関する心配

 

現地に着けば、すぐに仲間が出来ます。それは日本人同士であったり、他国からきたクラスメートであったりと様々です。

 

困ったことがあればお互いに助けあっていくのが留学生のいいところです。

 

語学学校には日本人スタッフがいることが多くなりました。留学エージェントのサポートを得なくても、授業料を払っているので、学校内で様々なサポートが受けられます。

 

カレッジや大学には留学生課という部署が大概あって、留学生のために動いてくれる専属の人たちがいます。

 

大学によって留学生課の規模は異なりますが、2~3人のところからボランティアも入れて数十人になるところもあります。そこでは留学生の様々な問題に対応してくれます。

 

せっかく日本を離れて自分で何かを成し遂げようと思っているのであれば、わざわざお金払って、留学エージェントに相談相手になってもらう必要があるでしょうか。

 

 

 

 現地での出迎えや宿泊先の手配

 

海外の空港に着いて右も左も分からない・・・どうすればいいんだろうと思っている人にとっては現地での出迎えはありがたいものです。

 

海外の様々な国から来る留学生のために、こういった出迎えサービスは語学学校や大学などで提供されていて、留学エージェントだけが行っているサービスではありません。

 

語学学校などに申込むと「空港での出迎えは必要ですか?」といった質問事項があって、そこにチェックしてあとで航空機の到着時間やチケットのコピーを送れば迎えに来てくれます(有料)。

 

宿泊先については、学生寮やホームステイが学校や大学側で提供されているので、それらに申込みます。

 

大学から入学許可が出ると、滞在先に関する申込用紙が送られてくるので、それに記入して提出します(オンラインで手続きすることもあります)。

 

語学学校の多くは、大学のような厳しい入学審査はないので、入学申込書と一緒にホームステイの申込書などを一度に送ることが多いです。

 

つまり、留学エージェントを頼らなくても、こういった学生生活に必要なことは語学学校や大学などで提供されているので、申込めば手配をしてくれるということです。

 

留学エージェントが現地サポートの一つとして宿泊先の手配をするといっても、語学学校や大学で提供しているサービスへ仲介するだけで(簡単な申込書の代書をするだけで)、独自に何も行っていないことが多いです。

 

 

 

ビザに関するトラブル

 

留学生にとって、学生ビザや滞在ビザ等はとても重要なものです。ビザに関しては、通常、語学学校・大学等の入学許可や在学証明が必要ですので、まずは学校の担当者や留学生課に相談をします。

 

ビザの切替や延長といった手続きに不安がある場合は専門家に相談します。アメリカやカナダでは移民弁護士といった専門家がいます。

 

移民弁護士はネットで検索すればたくさんヒットします。日本人で移民弁護士になる人が増えていますし、日本語が出来るスタッフがいる事務所もあります。

 

資格の無い人間が、ビザに関して手続きの代行をすることは法律で禁止されています。また、ビザに関する助言さえも勝手にしていいものではありません。

 

つまり、留学エージェントとしてはビザに関して何も出来ないので、移民弁護士といった専門家へ依頼するしかありません。

 

ビザ関連の手続きは、必要な人だけ依頼すればいいものです。短期留学ですぐ帰国するような場合はビザの延長などは必要の無いケースがほとんどでしょう。

 

一部の留学エージェントでは、学生ビザはとても面倒で、彼らの提供する高額な現地サポート無しでは滞在が難しくなるような説明をしているところがあります。不安を煽ってお金を取るような商売をしているところは避けた方が無難です。

 

 

 

留学エージェントの現地サポートは余り必要ない

 

結局のところ、留学エージェントの現地サポートは無くても支障は無いと思います。少なくとも料金に見合うものであるか、しっかり確認する必要があります。

 

いかにも現地サポートがないと危険であるかのように言って、高いサービスやパッケージプランを購入させているところは要注意です。

 

留学エージェントを通せば安全と思わされているケースがありますが、あくまでも留学は自己責任ということを知っておかなければなりません。

 

「何かあったら留学エージェントに頼ろう」ではなく、「緊急時には自分で何をどうするか」をしっかり調べておきましょう。

 

 

大使館や領事館の連絡先、学校の留学生課の連絡先などを携帯電話に登録しておくといったことも非常時に備えることです。

 

海外留学保険を契約すると緊急時の連絡先が書かれたカードなども提供されるので、財布などに入れておいていざというときに準備しておきましょう。

 

クレジットカード海外専用プリペードカードにも様々なサポートが付いています。緊急時には連絡できるように連絡先を控えておきましょう。

 

 

 

本当の意味で現地サポートを考えるのであれば、まずは現地のシステムを良く知ることです。

 

前出のとおり、語学学校や大学などには留学生を支援してくれるシステムがあります。困ったときには力になってくれる人やサービスが教育機関内にあります。

 

また、留学先で友達をたくさん作ることで、助けてくれる人がどんどん増えていきます。自立した留学生がお互い助け合っている中で、自分はお金払って留学エージェントに何かしてもらう留学なんてさびしくないでしょうか。

 

いざというときに備えて、海外留学保険や現地で提供されている保険に入ることも必要だと思います(通常、各教育機関では留学生が医療保険に加入することを必須としています)。

 

海外では手術や入院になると数百万円~1千万以上請求されることが珍しくありません。盗難も多いですし、慣れない土地で人のものを壊したりケガをさせてしまうと賠償請求されることもあります。こういった事態に海外留学保険は大いに役立ちます。

 

留学エージェントにお金を使いすぎて、海外留学保険等に入る余裕がないというのは、お金の使い方を間違っている典型だと思います。

 

分からないから留学エージェントに頼っておこうではなくて、自分で何が本当に必要なのか、そして、現地の制度やシステムを調べることから始めてはいかがかと思います。

 

 

 

 海外留学保険のリンク:

三井住友海上の海外旅行・留学保険

AIU留学保険

損保ジャパン日本興亜の留学・駐在・ワーホリ保険

ジェイアイ傷害火災保険