留学の窓口
留学の窓口 > 海外旅行&体験談 > 留学や海外旅行で使うスーツケースの選び方

留学や海外旅行で使うスーツケースの選び方


旅行スタイルというのは、個人個人で異なりますので、スーツケースの好みもそれによって変わってくると思います。

 

デザイン重視という方がいるかもしれませんが、スーツケースには日々の必需品を入れますので、外国では自分の唯一の財産(中身を含めて)になるかもしれません。

 

是非、機能面も見落とさずに検討してください。

 

 

 

スーツケースは、基本的に長い間使う方が多いと思います。私も留学中ずっと一つのスーツケースを使いました。数年経つとキズだらけですが、基本的な機能は壊れていませんでした。

 

旅客機に乗ると、そのたびにスーツケースは空港などの運搬でかなりひどく扱われます。長く使うにはやはり頑丈なものがお勧めです。

 

近年は高いところから落としても踏みつけても変形しない、キズがつきにくい加工が施されたスーツケースが主流です。

 

 

 

長旅になると荷物が多くなり、荷物をギュウギュウに詰め込むと結構重くなります。広い空港を行き来したり、ホテルに持ち込んだりと、なかなか大変です。

 

取り回しが楽な方がいいので、スーツケースにしっかりしたキャスター(車輪)と伸張式のキャリーバーが付いていると運ぶときに便利です。

 

 

 

粗悪なものだと、簡単にスーツケースが凹んでしまったり、開閉部分が壊れて荷物が飛び出してしまったりします。 

 

キャスターが壊れるとスーツケースを運ぶのにとても不便です。キャスターが壊れて、重いスーツケースを引きずって歩いている人が空港にたまにいますが大変そうです。

 

購入の際には、長いお付き合いになるスーツケースを選ぶということで、デザイン、機能面、耐久性などをじっくり検討してください。

 

 

 

近年、開閉口がファスナータイプのスーツケースがたくさん出てきています。

 

フレームタイプより価格的が安く&軽いことから人気があります。

 

ただ、ファスナータイプは鍵をかけていても開けられてしまうことがあってセキュリティ性が低いです。

 

衣類などを運ぶのには適していますが、大切なものを保管するには心配があります。

 

留学の場合は、学生寮やホームステイ先でスーツケースが金庫のような役割を果たすことがあります。そういう意味では開閉口がしっかりしたフレームタイプがおすすめかもしれません。

 

ファスナータイプは、荷物の出し入れがしやすくて軽いので、短期の旅行や機内持込み用には優れていると思います。

 

 

 

アメリカへ行く場合(乗り継ぎも含む)、テロ防止対策として荷物検査が厳しくなっています。

 

通常のスーツケースでは、鍵を掛けたまま預けて検査が必要と判断された場合には、鍵を壊してでも検査されます。TSA対応ではないスーツケースは、ロックを解除して空港カウンターで預けるように指導されています。

 

TSAロックを搭載しているスーツケースであれば検査員が専用ツールで鍵を開け検査し、再度施錠してくれるので鍵を掛けたまま預けられます。 

 

残念ながら、空港の荷物検査を通過した後に大切なものが盗まれていたということがあります。

 

空港関係者から逮捕者が出てニュースになることもありますが、海外では空港だから安心ということはありません。大切なものをスーツケースに入れて預けないようにしましょう。

 

 

 

付属品としてスーツケースの専用ベルトがあると便利です。スーツケースの専用ベルトは、万が一、スーツケースのロックが壊れたときなどにスーツケースが開いてしまうのを防いでくれます。

 

ナンバーロックが付いているスーツケース専用ベルトは、スーツケースの鍵に加えて、二重のセキュリティの役割も果たします。スーツケース同様、TSAロック対応の方が便利です。

 

スーツケースはどれも似たような形と色をしていますので、空港の荷物受取ターンテーブルから流れてくるときに、どれが自分のスーツケースか分かりにくいときがあります。そこで、スーツケースに付けた専用ベルトが良い目印になってくれます。

 

 

 

 

長期の留学ともなればスーツケースに色々入れていきたいものだと思います。そのため、大きいスーツケースを選ぶ人もいるでしょう。

 

気をつけたい点は、各航空会社で荷物のサイズと重量制限がありますので、大きければいいというものではありません。

 

スーツケースの大きさが規定範囲内であることはもちろんですが、荷物を詰め込み過ぎないように注意してください。

 

空港のチェックインカウンターで荷物を預けるときに、重量チェックがあります。そこで重量オーバーになると追加料金を払うか、荷物を減らす必要があります。

 

一昔前は、ざっくばらんというか、多少重量オーバーでも通してくれましたが、近年は公平になって正確に荷物の重さを測るようになっていますので気をつけてください。

 

自宅であれば体重計でも使えないことはありませんが、携帯型のデジタル電子はかりがあると便利です。

 

 

 

ちなみに、スーツケース製造の国内トップメーカーは、北海道にあるエース株式会社だそうです。ProtecA(プロテカ)のブランドで知られています。

 

プロテカは、ジャパン・クオリティーで作られています。日本製というのは日本にいたら別に珍しくありませんが、海外に行くと他国製と比べてクオリティーが格段に上であることを実感します。

 

落下衝撃やボディー表面摩耗のテストを行ったり、スーツケースを長い距離を走行させてキャスターの耐久性などもチェックしているそうです(単なるテストではなく、そのテスト回数が半端ないようです)。

 

 

 

 

 

スーツケースに関するリンク:

 

ProtecA @アマゾン:日本製スーツケース・プロテカがリーズナブルに購入できる通販大手。

 

旅行用品専門店トコー :リモワやサムソナイト等の人気スーツケースを主としたカバン類の正規品販売ショップ。東京有楽町駅前と羽田空港国際ターミナルに実店舗あり。

 

ククレンタル :スーツケースのレンタル専門店。15日間料金・30日間料金で夏だけの短期留学などでも借りやすい料金設定。

 

DMM.comレンタル :スーツケースやカメラなど旅用品が色々レンタルできる業界大手。

 

DOT DROPS :フランス生まれのバックブランド。アートステッカーを貼ることでオリジナルのデザインに仕上げることができるユニークなスーツケース。